FC2ブログ

:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

古生物学会at横浜国立大学

●25日
横浜へと向かう新幹線で、通路はさんで隣が
某古生物の先生という偶然。
そのまま会場までご一緒する事に。

会場で恐竜倶楽部会報編集長さんを誘って
大学食堂で昼食。
これも大学が学会会場の時の楽しみの一つ。

夜は大学での懇親会の後、横浜駅近くで飲み会。

BBneEWWCYAIW6bD.jpg
漫画家・久正人先生登場。
日頃親交のある研究者さんがこの度、博士号を
取得という事で、直筆イラストをプレゼント。
あの”久フォント”で「〜博士へ」とあるニクい心配りも。

BBdySPGCEAEab6l.jpg
こちらは、某学生さんが焼き鳥の串3本を中足骨に見立てて
獣脚類の後肢を解説中。右の模型は、私が原型を担当した
「モンゴル恐竜化石展」会場限定タルボサウルスフィギュア

BBdvGTUCMAAcTYw.jpg
さらに、久先生の直筆イラスト&サイン入りの著書
「びっくりモンスター大図鑑」がプレゼントに。
ジャンケン大会の結果、某学生さんがゲット。


●26日
sBBm2SAQCMAATbrR.jpg
学会会場へ出撃のミオちゃん号
前からだと配色がタックアローっぽい。ワンダバである。

この日は、各学術発表が行われる日。
また、当社RC GEARパイライトスマイルと一緒に
物販ブースを出店。
sR0025352.jpg
sIMG_0718.jpg
「モンゴル恐竜化石展」会場限定フィギュア原型製作時の
拘り・監修でのやりとりのお話していると、ある研究者さんからは
「(本気さに)鳥肌が立った」と言われ、
こっちもその台詞に嬉しさの鳥肌が(笑)。

sR0025351.jpg
31086968_1877981146_86small.jpg



BBngxYhCIAAiqJq.jpg
当社所属の研究者・荻野によるポスター発表。
当社が共同企画・開発したテラダモケイ・1/100添景シリーズ・古生物編
をベースにデザインしたポスター。

夜はもちろん飲み会。
1次会は学芸員さんや帰国中の留学組、また海外の研究者さんなどに加え、
私のような研究者でない参加者、さらにSF大会での古生物企画
仕掛人・富永氏、そして昨日の引き続き久さんも顔を出して下さり、
総勢20人。同じ店内には他にも学会組が居られ、
いろんな交流も。
2次会も人数は少し減ったものの、やはり10人以上でさらに
飲み会。お開きになったのは12時前でした。

もちろん学会ですから、メインは学術発表です。
今回もさまざまな興味深い発表を聴く事が出来ました。
ですが、その研究を私が100%正しく解説出来る自信は
ありませんし、また学会発表は論文等になる前の段階
という事もあるので、このブログでの紹介は控えています。

なので、どうしても「飲んだ&食べた&話した」という
内容になってしまう訳ですが、、、、。

今回は東京にも近い会場という事もあり、多くの研究者以外の
知り合いと会う事が出来ました。一方で、逆に関西からの参加者も
多く、いろいろと助けても貰ったり。
出店ブースでの対応や打ち合わせでなかなか
じっくりお話出来なかった方も多いですが、また次の機会に
宜しくお願い出来ればと思っています。

日本古生物学会 in 名古屋

6/28
古生物学会前日
瑞浪市化石博物館の学芸員・安藤さんの
呼びかけで古生物関連の食事会。
研究者さんや学生さん、恐竜・古生物好きが
約15人集合。

as-s-CIMG0055.jpg
舞台は、ビストロ・ラブレ

s-CIMG0050.jpg
美味しい料理に、

s-CIMG0052.jpg
気の効いたお酒のチョイス(瑞浪市化石博物館の
キャラクター・瑞浪MIOに合わせて用意されたとか)、
それにシェフのトークも加わり、楽しい時間になりました。


6/29-7/1
名古屋大学にて日本古生物学会。

s-CIMG0062.jpg
夜間小集会
「それぞれの立場から語る古生物学の普及」の会場。
以前、「恐竜・古生物トーク配信」の化石象の回や、
博物館トークの回にも出演して頂いた
北川さん(埼玉県立自然の博物館)が発言中。


今回の学会では、一般の参加者さんが随分増えました。
日頃から博物館等の活動やイベントに積極的に
参加されている方が多いせいか、学会という
ちょっと特殊な場所でも上手く楽しんでおられたように感じます。
また、個人的には普段なかなかゆっくりとお話しの出来ない方と
運良くかなり長時間お話出来る機会に恵まれたのも
嬉しかった学会でした。




日本古生物学会年会in金沢

7月1日~3日は日本古生物学会・年会参加のため
金沢へ。

RIMG3468s-.jpg
1日の夕方、金沢着。懇親会会場へ。

RIMG3470s-.jpg
飲んで食べて喋る。

RIMG3472s-.jpg
お酒もいろいろ。

で、その後は二次会>三次会。


翌日からは会場を金沢大学に移し、
一般発表。

RIMG3474s-.jpg
今回はACTOWで出店も。
STUDIO CORVOアクアプラントRC GEAR製品も
並んでます。

RIMG3477s-.jpg
現在開催中の瑞浪市化石博物館特別展
展示されている私の製作したコペプテリクス模型の
紹介等等。

RIMG3491s-.jpg
賑わっております。

ACTOW
ミュージアムショップ用等に製作している
恐竜・古生物カンバッジ&カードセットを
一部販売。今回は3種用意しましたが、
コティロリンクス>ダンクレオステウス>ティラノ、の
順に売れるのは流石は古生物学会(笑)。

RIMG3480s-.jpg
ポスター発表会場。

RIMG3482s-.jpg
夜間小集会「日本のプレパレーションの現在」
として、日本で化石クリーニングに携わる方、
研究者による発表とディスカッション。
ACTOW・Oginoがコーディネートした集会です。
林原生物化学研究所・河原康浩さんによる
日米のクリーニングテクニックの比較や、
丹波竜の発掘・研究で著名な
兵庫県立・人と自然の博物館からは池田忠広さんによる
プレパレーター育成等の報告。

RIMG3483s-.jpg
RIMG3484s-.jpg
見事なカエル化石のクリーニングを行った、
和田さんの自家製ツール披露に興味深々の皆さん。

RIMG3490s-s_20110704210837.jpg
で、やっぱり飲み会。


3日(最終日)は午前中までは学会発表。
学会終了後は、車で瑞浪市化石博物館へ。
所要時間は3時間ほど。

RIMG3501s-.jpg
まずは常設展示。
デスモスチルス&パレオパラドキシア。この束柱類の
復元に関しては、今回の学会でも発表、議論がありました。
何度見ても不思議な動物です。
ちなみに、瑞浪は世界で最初にデスモスチルスの
頭骨が発見された地でもあります。

RIMG3493s-.jpg
最近、リニューアルされた部分。
クジラ化石も追加されていましたが、画像撮り忘れ(泣)。
立派な標本でした。


こちらは特別展
RIMG3513s-.jpg
プロトプテルム類展示。
イラストはmeribenniさん(展示には別の名前で
表示さてますが)。

RIMG3514s-.jpg
模型は私が担当。

会場の一角には、瑞浪mioイラスト展も。
なんとアノ人も参加。
見学される時は、mioちゃんの持っている
ハンマーに是非ご注目下さい。

RIMG3516s-.jpg
会場のホワイトボードには、見学者さんによる
瑞浪mio・プロトプテルムフォームのイラストが。
なかなか愛されてますな。

・・・・・・・・

最近はコンスタントに参加を続けているヤマモトさん他、
恐竜・古生物に興味のある美大の学生さんや、
プレパレーターさん達等、研究者以外の学会参加者もあり、
もちろん興味深い学術発表も多く、今回も楽しい学会でした。
イラストが得意、という学生さんに
「ExtinctCreatures」用イラスト・記事に挑戦して
下さいとスカウト。学会まで来る熱心さや知識欲が
イラストに表現出来ればと期待。
一方で、東日本大震災で被害を受けた博物館の
状況や、標本レスキューに関する発表もあり、
これからの活動への大きな課題が提起された
学会でもありました。


・・・・・・・・・・・・・・・・

RIMG3517s-.jpg
出店ブースで使っていたポップがウチの
荷物に紛れ込んでいました。
「ガイド付き」って、私が展示解説したり
Mioちゃんについて語る訳じゃありません。
プロトプテルム新復元の説明役でした。
ポップは今度、ちゃんと返却致しますので。

第160回 日本古生物学会例会

1月28~30日
高知大学にて開催の日本古生物学会例会
参加して来ました。

高知到着後、ちょうど同じタイミングで高知に到着した
meribenniさんと合流、高知大学へ。

RIMG2447s-.jpg
高知大学の学生食堂で懇親会。
地酒も沢山。

RIMG2448s-.jpg
ウツボのタタキ。

2日目、瑞浪市化石博物館・安藤佑介さん
ご厚意で、、、、

RIMG2467s-.jpg

駅前のホテルからMio車で高知大学へ。

RIMG2456s-.jpg
車中。

RIMG2461s-.jpg
駐車中のアピールにも抜かりなし。

RIMG2475s-.jpg
お昼も学食。なかなかの美味しさ。もちろん安いのです。
大学の学食や博物館の食堂での食事は毎回の楽しみです。


RIMG2471s-_20110131184351.jpg
RIMG2472s-_20110131184351.jpg
瑞浪市化石博物館・安藤さんの発表。
Mioちゃんや、特別展の復元画(Meribenniさん担当)を
中心に、博物館の活動や試みを報告。
今迄に無い内容(笑)という事で、分野・専門を越えた方
からの注目があったようです。
学会で真面目に発表される萌えキャラ、ってのも
なかなか面白いです。



RIMG2477s-.jpg
新村龍也さん
(足寄動物化石博物館)のポスター発表から。
新村さんによるエティオケタス・イラスト。
ディフォルメされているとはいえ、きっちり
特徴が押さえられてます。
新村さん曰く、「こいつの重要なポイントである
歯の数も合わせてます!」


こちらも負けてはいられません。
RIMG2480s-.jpg
きしわだ自然資料館特別展「モササウルス」チームは
夜間小集会を開催。休憩室には小田隆さんによる
告知もバッチリ。


RIMG2483s-_20110131154849.jpg
会場の様子。
私も発表者だったので画像をほとんど
撮って無いのです。
この小集会の発起人である荻野さんの提案で、
発表よりも参加者の皆さんとの質疑に比重を置いた
内容に。本来なら答えるだけでも緊張物の錚々たる
皆さんとのやりとりでしたが、逆に質問者の皆さんの
話術の巧みさに助けられた部分も。
会場の雰囲気については恐竜パンテオンのブログ
それにこちらも。

飲み会は瑞浪の安藤さんおススメの鯨料理屋。
RIMG2488s-.jpg

2次会は、アジアカップ決勝が見れる居酒屋で。
私を含め数人は途中で退席しましたが、
皆さん試合終了まで盛り上がったそうで。


オマケ
RIMG2495s-.jpg
Mioちゃんからプレゼントを頂きました
、、、、、、今年のSVPにコレを付けて行けと!?



Red Panda

1月14日
京都大学で古生物関係の発表が別枠で2つ。
それぞれ案内を頂いたり、知り合いの研究者さんに
誘って頂いたりで参加する事に。


その内の一つ。
sRIMG2440s-.jpg

レッサーパンダってRed Pandaとも呼ばれる、
というか英名としてはこっちのほうが多用されているようです。
なんか強そうだ。

”「レッドパンダ2010」主演 ドルフ・ラングレン”的な。

ちなみに発表は英語。聞き取り易い丁寧な英語でしたが、
もちろん私の英語力では内容を理解出来る訳ではありません。
そもそも日本語の発表でも私には難しい内容だったような(笑)。
それでも、ほんの少し分る部分だけでも勉強になります。

その後は懇親会。
Wolsanさんにポーランドの古生物アーティストの
お話を短い時間ですが伺えたのが良かったです。
SVPでも東欧の古生物アーティストにはまず会えませんしね。