:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゲーム・オブ・スローンズ」のドラゴン


「ゲーム・オブ・スローンズ」のドラゴン、本編見たこと無いんですが、
以前からドラゴンは良く出来てるなぁ、と。
今回のドラゴンも横顔の口のラインを見て、
「これは閉口時に歯が露出しないトカゲ型復元(?)だな」と思って
確認したらその通り。理屈がちゃんと形になってるのが良いです

トカゲ型復元について


「ゲーム・オブ・スローンズ」ドラゴン、動画をもう一つ。

私のお気に入りのドラゴン、
「ドラゴンスレイヤー」のバーミスラックス>こちら


イイ顔と言えば ,

前回の記事からの続きで、「イイ顔」と言えば
ガーゴイルを忘れてはイケナイ。
201508082.jpg
主にヨーロッパの建物の端っこにいる連中。
日本だと鬼瓦+狛犬な感じ?

VWTCL.jpg
スタンダードなものもいる一方で、

BYiNuMWCcAE2LbK.jpg
イイ顔のものや

201508083.jpg
職人さんが数造っているウチに、何かが「降りて」来ちゃったのでは、
な妄想も膨らむものも。

BVgPQAoCcAE4_xq.jpg
これは、私がドイツ・シュトットガルトで撮影したもの。
カッコイイ。

ガーゴイルが多そうなヨーロッパの街を訪れる旅も
一度やってみたいです。








古地図の海の怪物達

「Sea Monsters on Medieval and Renaissance Maps」

201508081.jpg
古地図に潜む怪物達を集めた本。
現実と想像(妄想?)の境界のあやふや感がイイのです。

th_CIMG4570.jpg
ちゃんと元ネタ?の動物が分かるもの、有名な絵、
その劣化コピーで更に可笑しさが増しちゃったもの、
これ何?、なものまで。当時の人は真剣だったのだろうけど、
今見るとどれも「イイ顔」。



ワンフェスでの戴き物

先日のワンフェスに参加のディーラー・SUPER昇竜軒さんからの
戴き物。
th_CIMG4562.jpg
私のブロントサウルスを気に入って下さり、
「感動のお礼に」との事なのです。
カラー粘土のシンプルな作品ですが、
足や尻尾の断面の綺麗な円形等が
流石はディーラーさんという作品です。
ありがとうございました!

ワンダーフェスティバル2015夏

●7月26日
ワンダーフェスティバル(通称・ワンフェス)にディーラー参加。
ここ数年は特に販売物もなく(あっても私が原型担当した
フェバリット社製商品)、こっそり小規模に作品展示がメインになっています。
th_11802531_922053167836511_3122986617696433734_o.jpg
今回は始祖鳥ブロントサウルス旧復元を展示。

11796215_922053227836505_7743755022970309037_n.jpg
とはいえ、ただ飾るだけ、も寂しいので、一応「売り物」もあったり。
始祖鳥は女性ウケが良く、ブロントサウルス旧復元は、
やはり私と同世代くらいの方の反応が非常に良かったです。


上海の造形作家・David Zhouさんの作品。
11754374_922047627837065_1222132185696853757_o.jpg
11228143_922047564503738_3811904628393114117_o.jpg

David Zhouさんとは2012年に台湾で初対面以来2度目。
今回のワンフェスには、動物をモチーフにした幻想動物系の作品を
持って来られていましたが、ベーシック&リアルな動物造形も相当上手いのです。
また造形・塗装だけでなく見せ方の工夫も非常に凝っています。
作品の雰囲気や完成品売りがメイン(だと思う)という点で、
デザフェスに出てみるのも面白いんじゃないかな、と

11200606_922047671170394_2511416149968185841_n.jpg
記念撮影。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。