:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 恐竜・古生物 > サンタ"クロウ"ス

サンタ"クロウ"ス

巨大な前肢以外の部位がほとんど発見されておらず、
長らく全身像が謎とされていたデイノケイルス。
s-R1011573.jpg
(右が現在、国立科学博物館で開催中の
 「大恐竜展・ゴビ砂漠の驚異」で展示中の
 デイノケイルス・ホロタイプ標本。左はテリジノサウルス)

先日のSVP・古脊椎動物学会で頭部を除くほぼ完全な骨格の発見が
報告されました(一般には、骨格図等まだ未公開のようです)。
で、このイラストはそれをベースにした
クリスマス「サンタ"クロウ"ス(爪サンタ)」バージョン。
背中に突起があるのですが、そこには「タルボサウルスへの贈り物」が。
と言うのも、タルボサウルスに齧られた痕のあるデイノケイルスの化石が
発見されているから。また、デイノケイルスは植物食と考えられているので
「大きく丸いお腹」も合っています。
さすがに色には根拠は無いはずなのですが、
いい感じに「ありそうな」色調になっているかと。
描いたデュファウルトさんは、先日のSVP会場で、
私が自作のドレパノサウルスを研究者さんにお見せしている時に、
それを通りすがりに見て声をかけて下さった方。
その時の服装の色とイラストの配色が近いので、
余計に作者と作品の印象がつながり易かったり(笑)
デイノケイルスの全身イラストという話題性以上に、
各部位に散りばめられたネタの数々と、
それを品良く纏めたセンスが素敵な作品で、
最近見た恐竜イラストの中でも特に気に入った作品の一つです。

Comments

post
2014-01-16 12:06 
Basilio No.1983
これはギャグセンス高いですねwwwなるほど、背中の突起にはプレゼントが!

以前腕だけ作りましたが、情報が出てきたら全身作りたいところです^^
2014-01-18 10:41 
ふらぎ No.1984 [Edit]
タイミングもネタも見事なハマリっぷりなんですよね。
で、またイラストも御洒落。脱帽です。

>情報が出てきたら全身作りたいところです^^
折紙的には、スピノと基本構造が一緒な気がするんですよね~。
バランス調整で折り分けが出来そう。
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。