:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 講演 > 丹波竜フェスタ&恐竜復元教室at瑞浪市化石博物館

丹波竜フェスタ&恐竜復元教室at瑞浪市化石博物館

●11月23日
 兵庫県丹波市にて「丹波竜フェスタ」が開催。
ティラノサウルス頭部復元模型製作の講師として
私も参加します。

講演「研究者が語る最新国内化石発掘・恐竜発掘最前線」
では、丹波・篠山の恐竜発掘を指揮する三枝先生、
福井県立恐竜博物館の宮田先生に加え、
今年の夏、非常に状態のよい恐竜化石が発掘された事で
一躍脚光を浴びた北海道・穂別博物館の櫻井先生も
講演をされます。
穂別の恐竜化石に関して、地元以外での講演は
今回が初めてかと思われます。

また、当日は丹波竜化石工房の特別展
「羽毛を持った恐竜たち」の初日でもあります。
s-kikakuten-25autumn(1).jpg
私の作品も数点展示されます。
こちらも是非!



●12月1日
岐阜県・瑞浪市化石博物館にて開催の
「恐竜の模型を作ろう!」の講師を務めます。
内容は、ディノケシ・ティラノサウルス頭骨への
粘土による肉付けです。
瑞浪市化石博物館では、特別展
「ホタテガイとその仲間たち
 -化石からみるホタテガイの歴史-」
も開催中です。


Comments

post
2013-11-16 07:04 
猛勉之瑛 No.1976
ペイジ博物館の展示を一目みて、どこぞでみたことのある顔ぶれだな、と思いましたが、すぐ、「DINO2」の3巻のサーベルタイガーのはなしを思い出しました。作中には出ませんでしたが、ダイアウルフがこれほど大量に発掘されているとは今まで存じませんでした。やはり徒党を組んでタールの沼地に落ちた獲物に食らいつこうとしたところ、自分たちも溺死し化石になった、と解釈すべきでしょうか。いずれにせよ、先史時代で最も出会いたくない生き物であることは言うまでもないかと…。
2014-01-23 21:59 
ふらぎ No.1991 [Edit]
■猛勉之瑛さん
返信が非常に遅くなり、本当に申し訳ないです!
ダイアウルフの頭骨は本当に圧巻です。
どうしてもマンモスやスミロドンが目立ってしまいますが、
発見数で言えばダイアウルフが目玉なのかも知れません。
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。