:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 海外旅行記 > 2013年 ロサンゼルス > ロサンゼルス郡立自然史博物館 その4

ロサンゼルス郡立自然史博物館 その4

ロサンゼルス郡立自然史博物館紹介 最終回
前回はこちら


s-R1011301_201311091227405bd.jpg
体験コーナー(?)入り口で、
毛皮を手に待ち受けるスタッフ。

s-R1011306.jpg
こういうの、どっかで見たなぁと思ったら
タイガーマスクの「虎の穴」だ。
ここは自然科学体験地獄!(<そんな危険なところじゃないです)


ミュージアムショップ。ここはメインのショップ。
この他に館内に2箇所、小規模のショップがあるのですが、
微妙に品揃えが違うので油断出来ない。
s-R1010240_201311091227398a0.jpg
s-R1010301.jpg
s-R1010300_201311091228279df.jpg

s-R1010297.jpg
入り口の目立つところにフェバリット社の
商品が並んでいます。

s-R1010277_20131109122822444.jpg
スミロドン(サーベルタイガー)クッションの購入を迷う
某古生物研究者。

s-R1010293.jpg
ティラノサウルス孫の手!
2本の指の長さの違いが再現されています。

s-R1010288.jpg
s-R1010290.jpg
オリジナルTシャツのバリエーションが
結構多かったような、、、。

s-R1010283.jpg
頭部、背中に背負って着用のプテラノドン、
パジャマ、スリッパなどなど。

s-R1010279.jpg
そして、フル武装!
戦隊モノのロボットを彷彿。

s-R1011519.jpg
こちらは、恐竜ホールにある恐竜グッズ専門のショップ。

今まで訪れたアメリカの博物館のショップの中でも
品揃えのバラエティと面白さではトップクラスかも。
普段はあまり買物しないのですが、今回は結構な量を購入。

ニューヨークのアメリカ自然史博やフィールド博物館等に
比べれば規模は小さめ(とはいえ大きいけど)ではありますが、
展示物のレベルの高さと見せ方の上手さ、キャプションの量と
内容の充実度もあり、恐竜・古生物関係だけでも1日では見終わらない、
というか、じっくり見ようとすると体力と集中力がもちません。
結局、画像撮影と展示を見ることに時間と体力を費やし、
キャプションは全部は見れなかったです(英語ですしね)。

s-CIMG2655.jpg
s-CIMG2650.jpg
メトロの駅と博物館の間のバラ園が綺麗でした。

(ロス編、続く)

>「世界の恐竜博物館見聞記」ホームへ

Comments

post
2013-11-10 08:50 
猛勉之瑛 No.1971
モササウルスの仲間といえば、僕はティロサウルス(科博といのちのたび博物館の)しか見たことがないもので…ただプロトサウルスという種類はかつて恐竜カードゲームに出ており、解説で「胸部が大きくクジラのような体形であることから泳ぎにたけていた」とあったのを覚えております。頭蓋骨の形も違うというのはここで初めて知りました。
 ミュージアムショップ…品揃えよさそうですな。「戦隊もののロボット」とありましたが、今「キョウリュウジャー」にもこれとそっくりな「ライデンキョウリュウジン」というロボットが出てきております(ご存じなければお忘れください。)
2013-11-12 20:06 
ふらぎ No.1973 [Edit]
■猛勉之瑛さん
大型モササウルス骨格展示は、海外でもティロサウルスが
多いかと思います。プロトの頭骨は、吻部がちょっと細めで
魚竜っぽい雰囲気があるように思います。

>「ライデンキョウリュウジン」
まさしくそんな事をイメージしてました。
特に背中のプテラノドンは、こういう追加合体、良くあるよなぁ~と。
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。