:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 博物館・恐竜展 > 北海道大学総合博物館

北海道大学総合博物館

15-18日、
ちょっと遅めの夏休みという事で、
北海道へ行って来ました。

15日、北海道大学総合博物館へ。
sR1009011.jpg

小林快次先生の講演『恐竜の最新研究』聴講と、
特別展「巨大ワニ vs 恐竜」&常設展示見学。
小林先生の講演は、タイトル通りの恐竜最新研究を
これでもかと盛り込んだ内容。アラスカ、モンゴルでの
発掘の様子の画像も多く、あっというまの1時間。


sR1008949.jpg
sR1008956.jpg
特別展は、基本的には去年、大阪大学博物館で開催された物と
同じですが、大型の恐竜の展示は入れ替わっています。

sR1008900.jpg
アフロベナトル。大阪開催との違いの一つ。


この特別展の図録にもなっている本。
内容は、ほぼ化石種ワニメイン。
化石種ワニについて、これだけの情報量、そして
図板が豊富な本は洋書でも無いかと思います。

こちらは常設展示。
sR1009004.jpg
パラサウロロフス、ニッポノサウルス、
デスモスチルス長尾復元、マチカネワニ等。

sR1008981.jpg
束柱類・アショロア


sP1000353.jpg
北大博物館オリジナルグッズ・
デスモスチルス長尾復元ペーパークラフト。
2個買っちゃいました。
長尾復元は、復元としては古いものですが、
日本の古脊椎動物研究の歴史の中では
記念碑的なもの。その長尾復元が組み立てられたのが
この北海道大学なのです。

北海道編、続く



Comments

post
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。