:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト 恐竜・古生物 > オススメ本

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オススメ本

今回は、真面目にオススメの古生物本の紹介。

「The Big Cats and their fossil relatives」
サーベルタイガー(スミロドン)に代表されるような、
化石種の大型ネコ科動物の専門書。
イラストも豊富。全身骨格・筋肉図・復元図が
並んでいるのは非常に参考になります。
英語が読めるに越した事は無いですが、
イラストだけでも結構楽しめます。


「Magnificent Mihirungs」
絶滅した大型の飛べない鳥・Dromornithidaeを
扱った本。骨格写真・図がかなり充実してます。
この手の動物の専門書はなかなか無いので、
興味のある方は手に入れておいて損は無いかも.


「Glorified Dinosaurs The Origin and Early Evolution of Birds」
鳥と恐竜の関係について纏められてます。
化石写真やイラストも多く、しかもすべてカラー。
ただ、イラストに関しては他の媒体からの
引用も多いので、特に目新しい物は少ないかも。
とはいえ、それでも十分にオススメの本です。
著者のChiappe博士とは去年の
SVPのパーティーで同じテーブルになり、
これまた同じテーブルだったマーク・ハレット氏
紹介もして頂き、一緒に「カンパ~イ!」とかしたんですが、
こちらに「ええっと、鳥と恐竜で有名な先生だっけ」
くらいの知識しかなく、おまけに英語力も無いわで
な~~~んにも話せなかったのが悔しいったら。


「Dawn of The Dinosaurs」
恐竜時代の初期・三畳紀の専門書。
三畳紀という題材も嬉しいのですが、
何と言ってもあのダグラス・ヘンダーソン氏
イラストを担当しているのがポイント。
質の高い復元画を描かれる古生物アーティストは
数多くおられますが、「古生物がいる風景」を描かせたら
ヘンダーソン氏が一番だと個人的に思っています。
実質、ヘンダーソン氏の画集だった同名の本
「Dawn of The Dinosaurs 」と重複したイラストも多いですが、
その旧「Dawn~」も日本では入手困難ですし、
また文章・骨格図等の資料も充実しているので、
この本を買っておけば問題なしです。

Comments

post
2007-04-21 22:54 
corvo No.445 [Edit]
いい本ばっかですね。
全部、持ってます。
2007-04-22 02:29 
ヨッシー No.446 [Edit]
すごいですね。
どれも読んでみたいですよ。
はじめの2つがちょっと気になります。

ふらぎさんの本棚はお宝いっぱいですね。
どこから見つけてくるんでしょう。
2007-04-22 04:35 
umr No.447 [Edit]
どれも魅力的な本ですね。
少しずつ買い足して行こうと思います。

ダグラス・ヘンダーソン氏の描く恐竜のシルエットが大好きです。あんな感じの物を作れたらな~っといつも思っています。
2007-04-22 06:52 
ふらぎ No.448 [Edit]
■corvoさん
「Magnificent Mihirungs」 は、バクチで注文するには
値段が高すぎて迷っていた時に、
corvoさんのアトリエで中身を見せてもらって、
それで安心して購入出来たんですよね~。



■ヨッシーさん
>はじめの2つがちょっと気になります。
「The Big Cats」は、最近出版された
「図説 アフリカの哺乳類」が著者・イラストともに
同じようなので、そちらも書店でチェックして見てください。

>どこから見つけてくるんでしょう。
アマゾンをマメにチェックしていれば、大体把握出来ます。
内容はネットで感想が出ている場合もありますし、
corvoさんに伺ったり。それでも判らない時はバクチで注文です。



■umrさん
ディテールギッチリの造形もカッコイイですが、
ヘンダーソン氏のイラストのような、シルエットと塗装で
魅せる作品もやってみたいですね。
2007-04-22 09:49 
corvo No.450 [Edit]
「Magnificent Mihirungs」は、東京ミネラルフェアで、ブラックヒルズだったかのブースでサンプルが置いてあって、その後アマゾンで注文したものだったと思います。なのでバクチではなかったですね。
こういった本は図書館で見る事も借りる事もできないのが悩ましいですね。もたもたしていると、在庫がなくなって入手が困難になるし、仕事でやっているいじょう、買うしかないです。
2007-04-23 11:22 
ふらぎ No.451 [Edit]
最近はアマゾンでも本によっては中身が見れますが、
そのほとんどが本の最初(目次)と最後(索引)
だったりするので、肝心の部分が判断出来ないんですよね。
ミネラルフェアやSVPで実物を見る事は出来ますが、
そんな機会もそう多くは無いですし。
「プレヒストリック・タイムズ」(アメリカの恐竜雑誌)の
本紹介のコーナーを参考にしたりもします。
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。