:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト きしわだ恐竜教室 > きしわだ恐竜教室「ヨロイ竜の謎を探る!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きしわだ恐竜教室「ヨロイ竜の謎を探る!」

●5月25日
きしわだ自然資料館にて、きしわだ恐竜教室特別版
「ヨロイ竜の謎を探る!」

きしわだ恐竜教室は、レギュラー企画をはじめ
子供向け(大人の参加もOKですが)の開催がメインですが、
機会を見つけては、より本格的なお話を伺う企画も
開催しています。
去年は、ステゴサウルスを題材にした講演でしたが、
今年はヨロイ竜。

s-aCIMG2082.jpg
イラストは私が描いています。

この4月に大阪市立自然史博物館に着任された
林昭次さんによる講演です。
林さんは、ステゴサウルスの背中の板や
ヨロイ竜の装甲、また最近ではデスモスチルスを含む
束柱類の研究
など、まさに最先端の研究をされている方。
「モンゴル恐竜化石展」図録にもヨロイ竜の解説記事を
担当されています。
私もこれまで学会等でお世話になっており、またその興味深い
研究内容を是非きしわだ恐竜教室で話して頂けたら、と
こういう機会を虎視眈々と狙っていました。

s-CIMG2081.jpg
そして内容は、まさにヨロイ竜研究の最先端。
ヨロイ竜でもこれだけの研究がされ、そして謎が解明されている
一方で、さらに不思議な事も増えている事に驚かれた方も
多いかと。きっと、今後ヨロイ竜の見方が変わった事と思います。

というか、大人も子供も、ほとんどの方がメモしながら聞いている
真剣さ。


・・・・・

翌日は、前日の講演のため遠くから来た友人もいますし、
せっかくあの講演を聴いたんだからと
「モンゴル恐竜化石展」見学会も。
ヨロイ竜の展示が数多くありますし、それらの解説は
前日がっちり聞いているので、初めての方だけでなく
再見学の方も改めて楽しめたかと。

また、次回もこういう企画は行いたいと考えていますので、
宜しくお願い致します。

Comments

post
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。