:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 海外旅行記 > 2013年 台湾 > 台湾訪問2013 その5 台湾国立博物館・土銀展示館編

台湾訪問2013 その5 台湾国立博物館・土銀展示館編

台湾国立博物館・土銀展示館
台湾国立博物館の向かいにある日本統治時代に
建てられた日本勸業銀行の建物を修復し、
古生物展示の別館としています。
前回の訪台の少し前に開館、見学もしましたが、
今回宿泊のホテルの近くという事もあり、
再度訪問>前回の見学記事

s-R0026491.jpg
メインの展示は、中国・モンゴルの恐竜達です。
大型竜脚類はファンヘティタン。

s-R0026515.jpg
タルボサウルス

s-R0026474.jpg
ゾンギュウアンサウルス
(チョンギュアンサウルス Zhongyuansaurus)
洛陽中原龍、という中国名が中国史好き的に熱いワードだ、
と前回も言いましたが。

s-R0026485.jpg
ベロキラプトルの群れ

s-R0026553.jpg
s-R0026576.jpg
中生代の翼竜、海棲爬虫類に、現生のイルカの骨格も
数多くあります。


s-R0026545.jpg
台湾産の化石の展示も。

s-R0026547.jpg
化石種のマレーガビアル類。
復元画の背中の装甲の並びが、ちゃんとマチカネワニと同じ&
キールの無い形状になっています。

s-R0026615.jpg
この建物の修復作業の解説・展示。

s-R0026595.jpg
ロッカー。一つ一つの扉に植物標本が。

s-R0026618.jpg
トイレに、フェバリット製スケルトンシリーズが。

s-R0026623.jpg
s-R0026625.jpg
ミュージアムショップ。
2フロアに分かれており、画像はその1F部分。


展示は、基本的にメインのホールだけ。
規模は決して大きくありませんが、展示の見せ方、
建物の雰囲気と合わせて魅力的な施設だと思います。
台北駅から徒歩数分、という立地も良いですね。
近くには小~中規模の書店が集まる場所もありますし、
もちろん向かいは台湾国立博物館です。
いろいろ合わせて散策コースとしてもお薦めです。

台湾編・続く

>「世界の恐竜博物館見聞記」ホームへ

Comments

post
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。