:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 恐竜・古生物 > 教室&シンポジウム&イラストブログ更新

教室&シンポジウム&イラストブログ更新

●1月14日
兵庫県丹波市・丹波竜化石工房
恐竜ワークショップを行います>詳細

今回は、午前はアパトサウルス骨格復元
午後はディノケシ・ティラノサウルス頭部復元です。
また、この日は同会場で現在開催中の私の作品展の
最終日でもあります。


●少し先ですが、来年3月16、17日の2日間、
兵庫県立人と自然の博物館と丹波竜化石工房を
会場に「ひょうご恐竜化石国際シンポジウム」が開催されます。
講演者、凄い顔ぶれです。
海外からの講演者の徐星氏は、ミクロラプトルや
ユティランヌスの記載・命名の他にも数多くの恐竜の
研究・発表で著名な研究者。またジェームズ・カークランド氏は
ヨロイ竜・ガストニアや原始的なテリジノサウルス類・
ファルカリウスの記載・命名者
(この2体は、全身骨格レプリカが丹波竜化石工房に展示されています)。
海外の恐竜番組にも数多く出演されています。
もちろん、その他の研究者もそれぞれの分野の最先端の研究を
されている方ばかりです。

そして、そんな面子を前に、私(&小田隆さん)も、
何やら話をしなければならないのですが、、、


●恐竜・古生物イラストブログ
「Extinct Creatures」を更新。
今回はキヤモドゥス
2011年のSVPの時に知り合った板歯類研究者さんの
研究をメインの資料に描いてます。

Comments

post
2012-12-25 18:25 
足立瑛彦 No.1938
ギャラリーのケントロサウルス、拝見いたしました。ふらぎさんの手になる模型は大変シンプルに見えて力強さも併せ持っているように見えますが(間違っていたら大変申し訳ありません!)、流れるようなポーズが美しいケントロサウルスはその最たるものといえるかもしれません。剣竜といえばステゴサウルスばかり目立っているので、ほかの種類も活躍の機会があれば、と毎回思いますが、剣竜主役の恐竜展や映画などないのが非常に残念です。(僕はトウジャンゴサウルス、ダケントルルスが好きなのですが。特に後者はステゴ並みに大型の種類であったとか)
2013-01-06 12:10 
ふらぎ No.1939 [Edit]
■足立 さん
返事が遅くなり申し訳ありません。
ケントロサウルスの感想ありがとうございます。
今回のケントロは従来の復元に比べ尻尾が
かなり太めの表現になっているので、そこが力強く見える
要素のひとつかも知れません。

トウジャンゴは、背中が山なりカーブの骨格が有名ですが、
以前新しいタイプの復元に組まれたものを
見て、印象が変わりました。ダケントルルスも良いですね。
ミラガイアと並んで首の長さが魅力的です。

ただ、剣竜類は背中の板のせいで造形が面倒
&時間が掛かってしまうのが難点。
いろいろ種類造って並べたいんですけどね。
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。