:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 海外旅行記 > 2012年 シカゴ・フィールド博物館 > ノースカロライナ&シカゴ 戦利品編

ノースカロライナ&シカゴ 戦利品編

戦利品編(と言っても、戦った訳じゃ無いですが、、、
と毎回言ってますが)

まずはノースカロライナ自然科学博物館から

s-CIMG0931.jpg
マッコウクジラバッグ。
博物館のマークがプリントされています。
骨格&生体の組み合わせがカッコイイ。

s-CIMG0922.jpg
アクロカントサウルスマグカップ&ミント。
恐竜ではアクロカント推しです。

他にもいろいろ欲しい物もあったんですが、
旅の最初で荷物増やす訳には、、、と控えてしまったのでした。

s-R0024227.jpg
ミュージアムショップの恐竜グッズコーナー。



次はSVP会場での購入物。
今年はあまり買物はしなかったんですが。

s-CIMG0934.jpg
新生代メッセル産のトカゲ本。1種についてだけで本1冊。
ネットで漠然と探していては、まず出会えない本。
しかも出版がドイツとあっては尚更。
私も今回初めて見ました。
こういう物に出会えるのがSVPの楽しさの一つ。

s-CIMG0933.jpg

ニューメキシコ自然史博物館の三畳紀展示室開設の
様子を纏めたもの。
左は、あのアルフレッド・ローマーの歴史的名著
「Vertebrate Paleontology」。
初版は1930年代にも関わらず、未だ古脊椎動物学の
教科書の一つとされている本の1966年発行の第3版。
初版は持っていたのですが、この第3版とは
別の本、と言ってよいくらい内容が更新されているので、
欲しかったのです。それに、出来ればSVP会場で買いたかった
んですよね。



最後はフィールド博物館

s-s-CIMG0919.jpg
金属製アルマジロ・カード立て、
ティラノサウルス"スー"フィギュア2種、
トリケラトプスフィギュア、チョコレート。
スーのフィギュアは、プロポーションはあまり正確とは
言えませんが、ちょっと小さめのサイズも相まって、
なんだか魅力的な造形。
トリケラトプスは、前肢の指の爪が第1~3指
(親指~中指)までしか表現されていないのが芸細。
最近は第4、5指には爪がない表現が主流なので、
それを取り入れているかと(まさか爪の色の塗り忘れ、
って事はないよな)。
チョコレートは、チャールズ.R.ナイトの壁画が
パッケージに使われているのが嬉しいですね。

s-CIMG0924.jpg
最近は、トリガーを引くと口が開閉するティラノサウルスは
日本でもよく見ますが、これはそのスミロドン版。
現生コブラなんかもあり、それも結構出来が良かったのです。

s-CIMG0935.jpg
スーの発掘から展示までの解説本と、
フィールド博物館についての本。

s-CIMG0938.jpg
ショートフェイスベアとして知られる
アクトダスTシャツ。
何故かこれが結構目立つ処に飾られていて
不思議に思っていたのですが、理由はフィールド博物館が
このアクトダスの模式標本(その動物の研究の基本となる
標本)を所蔵しているからだそう。
博物館ならではのネタのチョイス&推し方と言って良いでしょう。
こういうの好感持てます。

フィールド博物館には、メインのショップの他にも
恐竜グッズメインのザ・スー・ストアに
各部門、特別展会場など複数のショップがあります。
品揃えも豊富で(ショップにより微妙な違いも有り)、
じっくりと見れば自分の得意分野以外のものでも
素敵な物が沢山見つかりそうなんですが、
今回も時間がなかったのが残念。

s-CIMG0903_20121103073106.jpg
シカゴ・オヘア空港にもフィールド博物館のショップが。
品揃えは限られますが、買い忘れがあっても安心(?)

・・・・・

という事で、今回アメリカ行きレポートは終了です。

おまけ
s-aCIMG0906.jpg
アメリカではおなじみのチーズバーガー2個セット。
毎回気になるも、まだ試してみた事がないのです
(味はそれほど変わらないはずですが)。

Comments

post
2012-11-04 16:38 
足立瑛彦 No.1932
>アメリカは広報活動に積極的である
 確かに、空港で博物館のミュージアムショップをだすなど日本では考えられませんな。
 スミソニアンに行った折にガイドの方からおしえてもらったのですが、アメリカの博物館はボランティアで運営されているところが多いそうです。好事家が資金を募ったり博物館のミュージアムショップではたらいていたりするといいます。日本の博物館も、こういうのを見習わねば。
 ちなみに僕はスミソニアンでグレゴリー・ポールの「The Princeton Field Guide to
Dinosaurs」(最新版「恐竜骨格図集」とでもいうべきか)と恐竜ネクタイ、Tシャツ(アロの顔が堂々と描かれている!)二着ずつ(よろしければ一つ差し上げましょうか?)、ギガノトとドラコレックスの模型を買いました。店員に日本人と見抜かれ「ドウイタシマシテ」と返されたのはここだけの話です。
2012-11-08 16:28 
ふらぎ No.1933 [Edit]
■足立 さん
一言に「ボランティア」と言っても、その言葉に対する概念や
組織作りがアメリカと日本(加えてヨーロッパも)で
結構違うような気がします。
加えて施設によっても違いますしね。
あのアメリカの国立の施設であるスミソニアンの事例は、
その立場からして特殊な例に入るかも知れませんから、
それをスタンダードな事例とするのは、少々難しいような、、、。

>店員に日本人と見抜かれ「ドウイタシマシテ」と返された
私も博物館や空港では結構そういう事、ありますよ。
今まで、そういう方々に接した日本人が良い印象残してくれてたのかな、
とありがたく思ったりします。

Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。