:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 海外旅行記 > 2012年 シカゴ・フィールド博物館 > シカゴ・フィールド博物館 その1

シカゴ・フィールド博物館 その1

21日
早朝にノースカロライナを出て、午前9時にはシカゴ着。
ホテルに荷物を預け、早速歩いて15分ほどのシカゴ・フィールド博物館へ。

s-CIMG0813.jpg
ブラキオサウルスが分かりますか?

s-CIMG0815.jpg
5年前に来たときは画像が撮れなかったブラキオサウルス。
博物館の外に設置されています。ちなみにこれを同じものが
オヘア空港にも。
アフリカ産のブラキオサウルス・ブランカイは、最近の
研究ではブラキオサウルスではなくギラッファティタンである、
という説が有力になっていますが、こちらの北米産の
ブラキオサウルス・アルティソラックスは、
ブラキオサウルスのままです。

s-CIMG0819.jpg


s-CIMG0823.jpg
フィールド博物館と言えばティラノサウルス・スー。
頭部はレプリカですが、胴体は実物化石を使った
素晴らしい組み立て骨格。

s-R0024317.jpg
ですが、こういうのも忘れてはいけない。
オフィアコドン、スフェナコドン、ディメトロドンのトリオ。

s-R0024319.jpg
s-R0024330.jpg
s-R0024333.jpg
s-R0024497.jpg


s-R0024311.jpg
ティクタアリク復元模型。
タイラー・ケイラー氏の作品。

s-R0024384.jpg
s-R0024382.jpg
s-R0024315.jpg
20世紀前半に活躍したアーティスト、チャールズ・R・ナイトの
壁画がかなり大きく使われています。
もちろん、今となっては古い復元になってしまっていますが、
その辺りもきちんと説明を入れた上で展示されています。
私はナイトの絵が好きですし、特にこのフィールド博物館の
ために描かれた作品が好きなので、この壁画を展示を見ていると
美術館に来たような気持ちにもなります。
s-R0024407.jpg
チャールズ・ナイトの解説

その他の展示物は、5年前に来た時の記事を


s-R0024617.jpg
古生物展示室にあるザ・スー・ストア。
恐竜・古生物関連のグッズのみのミュージアムショップ。

s-R0024610.jpg
スー・グッズ。

s-R0024604.jpg
犬用のグッズ。


昼過ぎに、池田さん、和田さん一行とホテルで合流。

s-R0024626.jpg
シカゴピザの老舗店で昼食。
フィールド博物館のプリパレーター・新谷さんお勧めの
お店とか。

その後、近所のスーパーマーケットへ。
実は、アメリカのスーパーマーケットは初めて。
冷凍食品のコーナーで「もやしもん」10巻のエピソードと
同じリアクションしてましたが。

夕方はホテルで一休み。
s-R0024645.jpg
s-R0024652.jpg
そして夕食。

シカゴ・フィールド博物館編 続く

フィールド博物館監修のティラノサウルス・スーの
発見から研究、展示までを紹介した本


チャールズ・R・ナイトの画集


>「世界の恐竜博物館見聞記」ホームへ

Comments

post
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。