:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 恐竜・古生物 > 恐竜・古生物関連いろいろ

恐竜・古生物関連いろいろ

主にツイッターで紹介した恐竜・古生物関連のネタのまとめです。



州立シュトゥットガルト・レーヴェントール自然史博物館
個人的に一押しの古生物博物館。


ローゼンステイン博物館紹介動画。上のレーヴェントール博物館と同じ公園内にある(といっても、徒歩10分くらい)、現生動物メインの自然史博物館。すぐ近くにはヴィルヘルマ動物園も。



ケノーシャ・ダイノソア・ディスカバリーミュージアム。獣脚類の研究で著名なトーマス・カー氏が展示プランを担当したとの事。規模は大きくなさそうですが、獣脚類の充実度が凄いです。お座りアロサウルス骨格は珍しいですね。



友人のパレオアーティスト・タイラー・ケイラーさんの動画。シカゴ大学で恐竜・古生物の骨格&生体復元模型製作をしています。上のケノーシャ・ダイノソア・ディスカバリーミュージアムの情報は、ケイラーさんに教えてもらいました。



Comments

post
2012-10-01 15:54 
足立瑛彦 No.1924
 ご無沙汰いたしております。突然ではありますが、ふらぎさんがツイッターにて紹介していらしたヒューストン自然史博物館の映像を拝見しました。トリケラトプスの皮膚の化石はもとよりブラキロフォサウルス(レオナルド?)やティラノ対エドモントニア(これ!一度見たかった!)などマニアから観光客まで楽しめそうな展示がよかったです。実は僕は今夏熊本市医師会の短期アメリカ留学にいっておりましたが、その折にスミソニアン国立自然史博物館に伺いました。恐竜(コティロリンクスの化石もありました!)から現生生物まで(なぜかツキノワグマの剥製が置いてあった。アメリカにも出るらしいです。)どれをとっても日本のまねできぬものがある、とショックを受けた次第です。
2012-10-01 17:38 
ふらぎ No.1925 [Edit]
■足立さん
ヒューストンの新展示、見たいですよね。ヒューストンだけでなく、アメリカでは常に大規模なリニューアルが何処かで行われているように感じます。スミソニアン、羨ましいです! スミソニアンも今度リニューアル&新しい恐竜ホールを建てる、という話が出ていました。でも、そのリニューアル前に見学出来たのも、貴重な経験かと思います。今度、いろいろお話聞かせて下さい。
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。