:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 海外旅行記 > 2012年 ベルギー&ドイツ > ゾルンホーフェン・ジュラ博物館

ゾルンホーフェン・ジュラ博物館

6月4日

カメ進化シンポジウムのツアーで、ゾルンホーフェンへ。
チュービンゲンからはバスで約3時間。

s-R0022334.jpg
ゾルンホーフェンは、何といっても始祖鳥が発見された場所として
数ある有名な化石産地の中でもトップクラスの知名度でしょう。
今回訪れたのは、その中でも始祖鳥・ロンドン標本が見つかった
場所だそう。
ゾルンホーフェンは石版画用の石材の産地として有名。
最初に発見された羽毛化石に付けられた
始祖鳥の学名・Archaeopteryx lithographica
(アルカエオプテリュクス・リトグラフィカ)の種小名は、
石版画=リトグラフィが語源になっています。

s-R0022347.jpg
採石場の一部が開放されていて、化石採集をする事が出来ます。
とはいえ、ホルツマーデンの時と違って、こちらはなかなか化石は
出ません。

研究者さんが集まっているので、何か見つかったのか?と
行ってみると、、、、
s-R0022351.jpg
「カメの甲羅の化石見つけました!
 皆さんで学名付けて下さい!」
この集まりならではのジョークです。

1時間ほどの化石探し(化石はほとんど見つからなかったようです)の後、
アイヒシュタットの街中に移動して昼食。
s-R0022372.jpg
s-R0022374.jpg

s-R0022387.jpg
街中を散策中に見つけた、建物の壁にあった画。
始祖鳥の翼です。


s-R0022403.jpg
昼食後は、ゾルンホーフェン産の化石を展示する
ジュラ博物館へ。丘の上にあるお城の内部の一部が
博物館になっています。


s-aR0022412.jpg
入り口すぐ傍にあるオリジナルグッズ紹介。
そこで「あ、ジュラベナトルってココだったんだ!」
と、やっと気付く。

s-R0022432.jpg
その、ジュラベナトル。見事な保存状態。

s-R0022521.jpg
始祖鳥・アイヒシュタット標本。



s-R0022490.jpg
でも、一番人だかりが出来ているのはカメ化石展示。
こういう風景も、今回の集まりならではかと。

s-R0022567.jpg
確かに、見事な化石です。

s-R0022457.jpg
翼竜標本。

s-R0022469.jpg
ランフォリンクス。書籍等でお馴染みの標本。

s-R0022424.jpg
化石種との比較のため、オウムガイ等の現生の動物の展示水槽も。
綺麗に管理されています。

s-R0022487.jpg
s-R0022562.jpg
s-R0022532.jpg

丘の上のお城にゾルンホーフェンの見事な化石。
それが美しく展示されているという、その雰囲気だけでも
十分な上に、始祖鳥まであるという、小規模ながら贅沢な
博物館です。ここも私一人では自力で来るのは難しかったはず。
そこに研究者の皆さんと一緒に、バスでの快適な移動で来れたのは、
素晴らしい経験になりました。

ベルギー・ドイツ編、もう少し続きます。
次回は戦利品紹介編。

・・・・・・・


 
>「世界の恐竜博物館見聞記」ホームへ

Comments

post
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。