:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 博物館・恐竜展 > 特別展「巨大ワニと恐竜の世界」 小林快次先生講演会

特別展「巨大ワニと恐竜の世界」 小林快次先生講演会

●4月28日は、大阪大学総合学術博物館で開催中の
特別展「巨大ワニと恐竜の世界」内イベントの
北海道大学総合博物館・小林快次先生の講演会へ。

s-RIMG9530.jpg
今回も会場は満席&席を追加で対応。
「ワニと恐竜の共進化」 という演題で、ワニと恐竜のそれぞれの進化、体の構造等を、現在研究中という話題まで含めお話。恐竜の話はもちろん興味深いのですが、ワニに関するここまで突っ込んだ内容の講演は、聴ける機会はなかなか無いはず。

s-RIMG9564_20120502163959.jpg
講演後、今回の特別展の会場で、思い入れのある化石種ワニの一つというゴニオフォリスの前で解説中の小林先生。
というか、展示標本からデータを取られる、と小林先生が来られた所にギャラリーが集まって、展示解説になってしまいました。

s-RIMG9565.jpg
こちらは、会場に来ていた小田隆さんが、サインに応えている所。


さて、今回の小林先生の講演を前に、特別展には新たな展示が加わりました。

s-RIMG9553_20120502164000.jpg
まず、巨大ワニ・サルコスクス頭骨。かなり質の高いレプリカです。

s-s-RIMG9551_20120502163906.jpg
もうひとつは、巨大化石ワニとしては昔から有名なデイノスクス頭骨。
昔はフォボスクスとも呼ばれていました。ですが、今回、新たに展示されているのは、
その新復元版頭骨! 日本初公開でしょう。
この頭骨が加わるまでは、旧復元版が同じ場所に展示されていました。
RIMG9407s-_20120502164453.jpg
左側の頭骨がデイノスクス旧復元。これはこれで国内では珍しい展示なのですが。
旧復元は、この頭骨のすぐ側で投影中の映像に出てきますので、見比べて見て下さい。
これから来場された方はお見逃しなく&一度来場された方も、是非もう一度!

26日は、私が担当の恐竜復元ワークショップも開催です。


化石種ワニ・関連書

小林先生の著書。私が製作したマチカネワニ模型も紹介されています。


デイノスクスの専門書。化石ワニの本は洋書でも珍しいです。
画像・図版は多くは無いので、英語が判らないとちょっと辛いかも。



Comments

post
2012-07-15 15:51  Re: タイトルなし
ふらぎ No.1919
■ひぐち さま
先ほどのお送り頂きましたコメントですが、
まず初めての方にはメールアドレスをお知らせ頂くよう、お願いしております。
また。コメントの内容についても、個人情報的なものが
含まれるのでは、と危惧しております。
その点は大丈夫でしょうか?
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。