:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 恐竜・古生物 > 恐竜シンポジウムin篠山&三田 その2

恐竜シンポジウムin篠山&三田 その2

●23日
この日の会場は兵庫県立人と自然の博物館。
午前中は「サイエンスカフェ・恐竜復元画を描く方法」
RIMG6222s-_20111027201129.jpg
小田隆さんをメインに、三枝春生さん、渡部真人さん、
對比地孝亘さんも参加。
質疑応答が多く、急遽15分延長という事に。

qRIMG6224s-s-.jpg
サイエンスカフェの後、渡部さんに質問する小学生。
約10分間、がっちり2人で恐竜トーク。
時間的に余裕のあるイベントだからこその
贅沢な機会です。
会場では、他にもこういう場面が見られました。

RIMG6220s-_20111027201128.jpg
前日講演された新谷明子さんは、
兵庫県立人と自然の博物館で化石のクリーニングを
行われている方々と情報交換。
人博のスタッフの技術やオリジナル工具に新谷さんも
興味津々。こういうその分野のトップ同士の交流を
見られるのも楽しいのです。


午後からは、大阪市立大・恐竜愛好会
ジェラシックパー君担当の
「恐竜の復元画を描いてみよう」、
私が担当の「恐竜復元模型をつくろう」の
ワークショップ。

RIMG6226s-s-.jpg
復元画ワークショップは開始と同時に人だかり。
最終的に100人以上の参加があったとか。


IMGP1301_resize1s-_20111027202849.jpg
こちらは私のワークショップ。
怪しげに会場を見つめるティラノの影、、、、

111023AW02s-_20111027202655.jpg
と、こんな一幕も。渡部さん、わざわざこういうネタを
仕込んでくれてたんですね。

111023AW05s-_20111027202655.jpg

qRIMG6230s-.jpg
出来上がった作品を並べて、記念撮影。

こうして、充実した2日間のイベントは終了。
その後、小田さん、新谷さんと六甲昆虫館へ。
RIMG6236s-.jpg
最後の最後まで濃い時間でした。

これだけのバリエーションにとんだ講演、
ワークショップで構成された恐竜関係のイベントは
これまでのなかなか無かったはずです。
また、化石の研究では決して外せない
需要な仕事であるプレパレーターとして
世界の最前線で活躍する日本人・新谷明子さんを招いた、
という点でも画期的なイベントであったはずです。
こんなイベントに日本で参加出来るとは思いませんでした。
このイベントを実現させた兵庫県立人と自然の博物館の
皆さんには感謝の気持ちを伝えると共に、
また次の機会も期待してしまいます。

Comments

post
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。