:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > イベント > 「OCEAN!」・ホネホネサミット・Ust配信

「OCEAN!」・ホネホネサミット・Ust配信

●ホネホネサミットの合間に「OCEAN!」展

R0016046s-.jpg
タラソメドンと

R0016006s-s-.jpg
モレノサウルス。
大型首長竜が2体見れるというのは、相当珍しいかも。
少なくとも私は初めてです。

R0016101s-.jpg
白亜紀の魚類・シファクティヌス

R0016004s-.jpg
化石種のウミガメがこれだけ纏めて見れるのも珍しいような。
というか、平山先生のコレクション、すごい!
29日には、その平山先生、そして佐藤たまき先生
記念講演があります。
古生物、特に海棲爬虫類好きの方は是非!

R0015970s-.jpg
私の作品・ケファラスピスも展示。
標本と自分の作品が並べられるのは
何度あっても嬉しいです。
一方で、標本と比べられても大丈夫なように、
しっかり造らないと、と改めて気持ちを引き締める機会
でもあります。


ホネホネサミット2011
5月のデザフェス参加のユニット
いう「SKULL! SKULL! SKULL!」で参加。
コティロリンクスの頭骨レプリカと、
私が作成した模型
を展示、
その魅力を私が納得するまで語る、
という大変押しつけがましい出し物。
その勢いに圧され、当社オリジナル・コティロリンクス
缶バッジをうっかり(?)買ってしまう方続出。
コティロリンクスのブレイクの日も近い?


恐竜復元画ワークショップの講師も前回に続き担当。
当日参加にも関わらず2回とも満員。
今回はスーツ姿でぬいぐるみを操る、
この復元画ワークショップの中でもイレギュラーな回でした。

R0016141s-.jpg
いきなり閉場直前の画像ですが。

その他、詳細は、
ヤマモト生物模型作業週報
鰐亀流道場
つれづれつづれ ~徒然綴れ~

あたりを。
さらに、ツイッターアカウントをお持ちの方はハッシュタグ
 #hone2011 をチェックして頂ければ、如何に素敵な
イベントだったかが伝わると思います。
あれだけの空間・雰囲気・ノリを生み出した
なにわホネホネ団の皆さんに感謝!!

・・・・・・・・・・・・・・・・

次回・「恐竜・古生物トーク配信」は10月15日夜。
ゲストはこの人の予定。どうなる事やら。

Comments

post
2011-10-14 20:17 
ホネホネサミットの時の高校生です。 No.1867
今週テストだったので来るのが遅れてしまいました(-_-;)
これからしばしば見にこようと思っています。
よろしくお願いします。
P.S.
僕の部活の女子の一人が恐竜好き(特に肉食)で、ぜひここにきたいと言っているんですが、教えて大丈夫でしょうか
2011-10-15 11:58 
ふらぎ No.1868 [Edit]
■ ホネホネサミットの時の高校生です。さん

ホネホネサミットでは、いろいろお話出来て
楽しかったです。
お友達にも、是非このブログやウチのサイト、
教えてあげて下さい。
また何かの機会にお会い出来れば嬉しいです!
2011-10-18 13:00 
スバイアシス No.1870 [Edit]
ホネホネサミット出張お疲れ様でした!
どこもかしこも、無茶苦茶濃い出展ばかりでしたね。
個人的には、OCEAN!展はパキケトゥスなどの海生哺乳類達やアーケロンが印象的でした。
「海の古生物全体」をテーマにした特別展というのも、かなり珍しいものだったと思います。
2011-10-21 00:46 
ふらぎ No.1872 [Edit]
■ スバイアシスさん
お越し頂き、ありがとうございました。
出展者も濃かったですが、お客さんも
濃い方が多かったような(笑)。
OCEAN!も開催中というのが、それに
拍車を掛けていたのかも知れません。
パキケトゥスの一画は、さらにその横にヌマタネズミイルカ、
さらにその横にデスモ、と妙に濃い空間でした。

年内にもう一度、きしわだで教室やる予定なので、
また宜しければ遊びに来て下さい。
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。