:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 作品展示 > 作品展準備・恐竜シンポジウム・ホネホネサミット・ハンズカフェ

作品展準備・恐竜シンポジウム・ホネホネサミット・ハンズカフェ

10月8日からの、兵庫県立人と自然の博物館での
作品展の準備に行ってきました。

RIMG5970s-.jpg
RIMG5974s-.jpg
確か34体作品があるはず。

RIMG5975s-.jpg
会場に大きなホワイトボードがあるので、
落書きしてきました。
絵は苦手、でも字はもっと苦手。

ちょうど、記者取材の日だったそうで、
その一環として私も取材対応。
予想外にがっつり取材されました。
(使われるかどうかはともかく)。


さて、この作品展は10月22,23日に開催の
シンポジウム「恐竜の世界をよみがえらせる」
関連企画。つまり、イベントとしての本体はシンポジウムと
言って良いでしょう。
2011090901s-.jpg
研究の最前線で活躍される研究者の皆さんに、
今回は特別ゲストとしてシカゴ・フィールド博物館
新谷明子さんが講演されます。
新谷さんは、化石のクリーニングや修復、レプリカ作り等を
担当するプレパレーターとして長年海外で活躍されています。
また、新谷さんは姫路市生まれという事で、兵庫県にも縁の
ある方なのです。
海外の、しかもトップクラスの博物館のプレパレーターの
お話を聞く事が出来る機会はまず無いかと。
化石のクリーニングや、海外での活動に興味のある方は
是非ご参加下さい。

その他、登壇者の紹介
對比地孝亘
三枝春生
渡部真人

そして小田隆、私、です。
人と自然の博物館の恐竜ラボも、あれだけの規模の
クリーニング作業を見る事が出来る施設も国内では
多くは無いので、それもお見逃しなく。
23日の午前中なら、私が案内出来るかも、です
(午後からはワークショップ担当なので動けない)。

っていうか、こんな豪華な面子、なかなか集まりませんよ。
関西近辺だけでなく、遠くからでも22,23日は是非!!
シンポジウムは事前申し込みが必要ですので、お忘れなく。

*追記 
22日のシンポジウムは参加申し込み締め切りが18日に
延長されました。



・・・・・・・・

と、その前に、9、10日の2日間は
ホネホネサミット
「SKULL! SKULL! SKULL!」の一員として参加。
ホネホネな方には、こちらも相当豪華な面子。
ホネ好きなら遠くから来ても絶対損は無いイベントです。
毎年開催というイベントでは無いので、今回逃すと
次はいつやら、という事ですので、こちらもお見逃しなく!
私も恐竜復元画ワークショップやりますよ~。

・・・・・・・

さらに

恐竜チラシs-

またまたやります。
今回は開始時間がちょっと遅くなって19:00から。
会社帰りの方も参加し易くなったのでは。
でもって、多分Ust配信は無し。
今後、同じネタを配信でもやる予定だから、
というのが理由ですが、そこは当然ハンズカフェに
来て頂ける方のために、内容は濃い目の特別版にしますよ。

Comments

post
2011-10-20 08:36 
Ba2 No.1871
シンポの申し込み期限も延長された
のですが...調整つかず(T.T)
折角ご案内いただきながら...

今回の恐竜シンポの成功を祈念して
おります<m(_ _)m>.
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。