:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 講演 > 群馬県立自然史博物館・企画展自然教室

群馬県立自然史博物館・企画展自然教室

10月1日
東京で打ち合わせが2件。
その後、高崎入り。
翌日の教室の打ち合わせを兼ねて食事会。

で、ガンダム居酒屋へ。

R0015900s-.jpg
来店者は厳守である!

R0015913s-.jpg
イカちゃんin水槽(あれ?ガンダムは?)

R0015901s-.jpg
侵略焼きそばでゲソ。

R0015893s-.jpg
動力パイプ。
店長さん曰く「もぎたてです!」



10月2日
教室当日

IMG_5565s-.jpg
小学高学年~中学生の参加者もいて、
全体的にもいつもより少し年齢が高め。
なので、ちょっと内容も濃い目に急遽変更。
毎回、私の教室は古生物や地質学の研究者もしくは学生さんにも
お手伝いして頂くのですが、今回はもちろん群馬県博の学芸員・
高桑さんとのコンビです。

R0015965s-.jpg
R0015968s-.jpg
午後の教室で製作した模型を集めて記念撮影。
無着色ですし、同じ骨格に肉付けしているのですが、
それでもやはり個性は出るもので面白いです。

群馬県博では、只今スピノサウルスをメインとした企画展を
開催中

A.E.Gさんが遊びに来て下さったので、
教室の合間に一緒に企画展を見学。

R0015933s-.jpg
展示物は2009年の幕張での恐竜博と同じ物ですが、
2009年の展示がちょっと高い台の上に置かれていたのに対し、
今回は見学者と同じ床に立っているので、その大きさが
より実感しやすいです。
また、この全身骨格の大きさにほぼ対応するスピノサウルス
上顎前半部の化石の展示も。これは近年発表されたもので、
確か2009年の恐竜博には無かったはず(ですよね)。
企画展は11月20日までです。


常設展示も充実してます。


R0015950s-.jpg
トリケラトプスの実物化石を使った展示。
この標本を元に先日論文が発表されました。

R0015946s-.jpg
複数個体からの復元ながら、かなりの部分が実物化石の
ディメトロドン。

群馬県博の常設展示の目玉と言えば、ブラキオ・マメンチ・
カマラの大型竜脚類全身骨格トリオですが、今回画像
撮り忘れました。

R0015915s-.jpg
当社が製作したカンバッジ&カードセット。
ミュージアムショップで販売中です。
スピノサウルスは今回の企画展に合わせた
群馬県博限定デザインです。


高桑さんの恐竜・古生物本コレクションの中に
「化石のひみつ」を発見。なんか、最近、行く先々で
この本で話が盛り上がるような。

食糧が少なくなった事に気づいたら、まず
「れれ!」。

ちなみに、フタバスズキリュウ発見のお話に登場する
長谷川先生こそが、群馬県博の名誉館長なのです。


Comments

post
2011-10-04 19:21 
A.E.G No.1865 [Edit]
ふらぎ様 尻切れとんぼで帰ってしまってすみませんでした。
またフラギファンを増やしてましたね。イラスト入りのサインもらった子どもたちの中から、古生物学者が育つでしょうね。
2011-10-11 21:11 
ふらぎ No.1866 [Edit]
■ A.E.Gさん
遊びに来て下さり、ありがとうございました!
お互い、忙しかったりであまり
ゆっくりは出来ませんでしたね。
来年の学会の時にリベンジ出来るかな?
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。