:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 恐竜・古生物 > エウロパサウルス・アートコンテスト

エウロパサウルス・アートコンテスト

ドイツのDinosaurier-Park Muenchehagenで募集された
エウロパサウルス・アートコンテストで選外佳作
(Honorable Mentions)になりました。

europasaurus1.jpg
Europasaurus2
作品サイズ 全長約60cm
縮尺 約1/10

エウロパサウルスは、大型竜脚類のブラキオサウルスに近縁(地理的にはギラッファティタン(ブラキオサウルス)・ブランカイにより近縁かな?)と言われていますが、当時の島に生息していたため島嶼性、つまり大人でも全長6m程度と、小型化していた種類と考えられています。

IMGP3362s.jpg
(「世界最大の恐竜博2006」にて撮影)

最初、コンテストの募集を見た時は、実物大模型の展示メインのいわゆる「恐竜公園」的な施設という事で、子供向けのコンテストと思ったのですが、施設内には化石クリーニングラボや足跡や全身骨格の展示もあるようですし、またコンテストの募集要項には作品製作の参考資料として各論文も挙げられており、本格的な感じも。そもそも今回のコンテストが、施設内にエウロパサウルスの展示新設に伴って、という事ですし、こういう機会でも無いとエウロパサウルスはなかなか造らないだろうな~と、応募してみました。


12R0012508s-.jpg

何気に苦労したのがオマケの翼竜。エウロパサウルスと全く同じ地層からははっきりと種類や姿が断定出来る翼竜は出ていないようだったので、なるべく近い時期・地域から発見されている翼竜を調べる事になります。で、今回のズンガリプテルス型の姿を選んだのですが、ここで間違えてたらヤバいな~とエウロパサウルス本体の事よりも不安(笑)。結果的にはコンテスト上位陣も同じような選択をしており、安心しました。というか、上位陣はそれくらいの考証は基本というレベルです。

本当はベースももっと凝りたかったんですが、時間とドイツへの作品輸送のための強度を考えると難しかったんですよね。残念です。このコンテストを通じて、ドイツの古生物研究者さんの知り合いも増えましたし、一時的とは言え、ドイツに自分の作品が置かれている、というのは嬉しいものです。

Comments

post
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。