:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 海外旅行記 > 2011年 ドイツ > ゼンケンベルグ自然史博物館

ゼンケンベルグ自然史博物館

朝、シュトゥットガルトから列車で1時間40分ほどのフランクフルトへ移動。今回の最終目的地です。


R0014852s-.jpg
RIMG3256s-.jpg
ゼンケンベルグ自然史博物館
ここには、特に来てみたい理由が。
R0014458s-.jpg
このディプロドクスを直接見てみたかったのです。
子供の頃、本で見るディプロドクスアパトサウルスブラキオサウルス等の竜脚類の全身骨格は、ほとんどが今でいう旧復元、シッポが下がったものでした。その中で、たまに本で見るこのディプロドクスの独特のスタイルは子供の私にとって非常に印象が強かったのです。子供の頃からの憧れの存在的な骨格。とは言え、ここまで来ちゃうような酔狂な人間になるとは、我ながらビックリだ。


さて、博物館到着早々、この博物館の研究者・Gerald Mayr氏と合流。もちろん初対面。というか、メールで連絡したのもドイツへの出発1週間前。最初はゼンケンベルグは見学のみの予定だったのですが、たまたま見返していたJVP(古脊椎動物学会誌)の骨質歯鳥類の論文の著者がこの博物館のMayr氏である事に気付き、骨質歯鳥類は以前私も仕事で製作しているので、出来れば話を伺いたいとメールした所、快諾して下さったのです。Mayr氏のオフィスで様々な資料を見せて頂き、簡単にバックヤードも見学し、
RIMG3289s-.jpg
博物館のレストランで昼食をご馳走になってしまいました。ここの料理、美味しいです。
バックヤードの標本の収納方法が、それだけでカッコイイ、っていうかもうドイツ!って感じだったんですが、画像をお見せ出来ないのが残念。
RIMG3292s-.jpg
Mayr氏と、氏が論文を書かれたPelagornisの復元骨格。

sR0014268.jpg
Pelagornis、別角度で。

mayr氏との会話中「チュービンゲンやシュトウットガルトで板歯類沢山見れてビックリしました」と言うと「この博物館にもプラコドゥスとかありますよ」。「プラコドゥスももう他ので見ました」と答えると、「ここのプラコドゥスは、副模式標本、つまり実物化石の展示なんですよ」「ええっ!?」
R0014312s-.jpg
うわー! 

で、ヘノドゥス4体目(笑)。もうヘノドゥスでは驚かないぜ!
R0014314s-.jpg
と思ったら、背中の装甲のはがれ具合が他の展示と違う。

R0014344s-.jpg
これもプラコドゥス。1つの標本の産状を左右両面で展示(多分)。板歯類業界のウィンク、というかザ・ピーナッツ?
(怪獣&80~90年代の人なもんでな)。

R0014446s-.jpg
R0014447s-.jpg
ゼンケンベルグと言えば恐竜の骨格が沢山ある&メッセルの展示が充実、というのが売りと聞いてたんですが、海棲爬虫類もなかなか凄い!

R0014330s-.jpg
ん? 普通にワニ?と最初、その地味さに驚く。
いや、頭の形が違う、そして、、、
R0014332s-.jpg
シッポ曲がってる!メトリオリンクスだ! 
チュービンゲンに立体骨格があるのは知っていましたが、
ここにもある、しかも上面から見れるとは!! 
こんな展示、誰が喜ぶんだよ!? って俺か。
チュービンゲンのは下から&ちょっと展示物まで距離があったので、
こちらの展示と合わせるとちょうど良い具合の資料になります。

R0014249s-.jpg
恐竜ホール。

R0014760s-.jpg
カウディプテリクス。これのポーズ違いはシュトゥットガルトにも。

R0014300s-.jpg
哺乳類ホール。
空間の使い方が贅沢すぎ。

R0014294s-.jpg
ゴンフォテリウム。ゴンフォテリウムは地域や種類によってプロポーションが違うようですが、これは足が長いタイプですね。

R0014655s-.jpg
R0014656s-.jpg
メッセル産化石展示室。

R0014643s-.jpg
R0014649s-.jpg
こちらは現生のカバとセイウチ。
肉付き状態のシルエットとの組み合わせが面白い。

R0014230s-.jpg
R0014238s-.jpg
剥製。特に鳥類が充実してます。

R0014234s-.jpg
R0014236s-.jpg
剥製ジオラマコーナー

R0014803s-.jpg
そういえば、Buhler氏も「日本と言えば、タカアシガニが面白いですね~」って言ってたなぁ。

R0014754s-.jpg
ジオラマ内のワニ。水面の表現が良い。スイスイ。

th_R0014708.jpg
尻尾に繊維質状の痕があるプシッタコサウルス標本(恐らく実物)。

sR0014720.jpg
プシッタコサウルス復元模型。
今回ドイツで見た復元模型の中では、一番のお気に入り。

R0014814s-.jpg
「異議あり!!」


さて、最初に書いた、あの憧れのディプロドクス嬢(なぜかメスになってますが)。その事をMayr氏にも話すと「シッポが上がってる理由は、シッポを下げたままだと展示スペースの構成的に上手く入らなかったからなんですよ。解剖学な見地で、とかじゃ無いんです(笑)」
、、、、、、、、、、、、そんなオチかよ(泣)。
「あの女優さんのキリッとした眉が好き」と思ってたら、思いっきり描いてた、みたいなショックだ。

R0014809s-.jpg
確かに別角度から見ると左右の足の間隔とか変。
でも、このディプロドクスがあるから、今回フランクフルトに寄ろうと思ったんです。事前には、ドイツ以外の恐竜が展示のメインみたいに聞いてましたから、ドイツでのスケジュールを組む時点でもこの博物館の優先順位は決して高くありませんでした。ところが、実際来てみると素晴らしい展示で、しかもMayr氏とも会えました。ですから、事実はどうあれ、このディプロ嬢は私にとっては思い出の骨格には変わりないのです。



お、なんか奇麗に纏まった(笑)


という事で、ドイツ編、次回は戦利品編。

オマケ。
ゼンケンベルグのミュージアムショップで
R0014851s-.jpg
この春はゼンケンベルグアイテムがお洒落!

>「世界の恐竜博物館見聞記」ホームへ

Comments

post
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。