:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト 学会参加(海外) > SVP(古脊椎動物学会) > SVP2010 inピッツバーグ 戦利品編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SVP2010 inピッツバーグ 戦利品編

まずは初日にも紹介した、カーネギー自然史博物館で
購入のリクガメパペットを改めて。

s-RIMG0010.jpg

パペットなので、手で動かせます。

s-RIMG0012.jpg

前後脚、頭引っ込みます。
カーネギー博物館を一緒に見学した、
化石カメ研究の平山廉さんもご購入の一品。
このメーカーの商品は、日本でも通販
受け付けしているようなので、
興味のあるかたは連絡してみては?>公式サイト


s-RIMG1922.jpg

カーネギー自然史博物館発行の恐竜本。
展示リニューアル前に製作・発行されているようで、
写真は旧展示の物、尻尾を引きずった「ゴジラ立ち」の
ティラノ等が見れます。今となっては、これはこれで
古生物学の歴史の一部として魅力的な内容なのです。


s-RIMG1920.jpg

こちらも紹介済みですが、ウィリアム・スタウト氏
直筆イラスト&サイン入りで頂いた「Dinosaur Discoveries」
(ブログ更新当初、本の紹介・リンク先が間違っていました。
修正前に見られた方は再度ご確認ください)。

s-RIMG1921.jpg

こんな感じで、見開きにつき1種類ずつ紹介。
全部で約60種類が掲載。


s-RIMG1916.jpg
「Dinosaur, Mammoths,and Cavemen」
20世紀前半に活躍した恐竜・古生物復元画家
チャールズ R・ナイトの画集。
個人的には、20世紀前半の古生物画家の中では
ナイトの画が一番好きなので、作品をカラーで
多数収録している本が欲しかったんです。

s-RIMG1918.jpg
フィールド博物館等に描かれた恐竜の復元画が有名ですが、
哺乳類も良いです。表情が柔らかいんですよね。


s-RIMG1909.jpg
ニューメキシコ科学自然史博物館発行の
三畳紀の爬虫類・ドレパノサウルス形類本。
ドレパノサウルスの仲間では、ドレパノサウルス、
メガランコサウルスくらいしか良く知らないんですが、

s-RIMG1910.jpg
他にもいるんですね&資料が結構載ってます。
そういえば、カーネギー自然史博物館にも
ドレパノサウルス類のドラブロサウルスの
展示があって(尻尾だけですが)驚いたり。
ニューメキシコ科学自然史博のアーティスト、
マット・セレスキー氏
「ドレパノやメガランコの資料はあなたのサイトで
 十分に紹介されているけど、やっぱり本も欲しいし買ったよ」
と報告すると「あれはいろいろ他も載ってるし、持っておくのは
良い事だよ」と。


s-RIMG1907.jpg
こちらもニューメキシコ科学自然史博物館発行の
三畳紀後期のアメリカ南西部産の四足動物本。

s-RIMG1908.jpg
アエトサウルス類の情報が充実。


s-RIMG1912.jpg
カリコテリウム本。
発見された化石も図版で掲載されています。

s-RIMG1915.jpg
記述も膨大で、凄い情報量、、、、と思います。
ドイツ語だから全く内容の見当つかない(泣)。
カリコテリウムは古生物好きの間では有名な絶滅哺乳類ですが、
復元全身骨格の画像がネット上や一般書にほとんど無いので、
ドイツ語とは言え、この本は貴重な資料です。
この本の隣に同じカリコテリウム類のモロプスの
資料本もあったんですが、結構なお値段だったのと、
モロプスは日本でも国立科学博物館等で全身骨格を見られるので、
購入は見送り。
カリコテリウム本とモロプス本を書棚に並べたい
誘惑にも駆られましたが(笑)。


s-RIMG1919.jpg
今回、知り合ったヘレン・チュウさんから名刺代わりに頂いたカード。
直筆のオヴィラプトル入り。
連絡先だけで十分なのに、イラストまで描いてくれちゃうのが
嬉しい。アーティスト同士ならではのやり取り、でしょうか。


s-dR0011896.jpg

で、今回購入した資料類。
古書業者で購入した物の中には、
実は博物館等の機関がデジタル化し、
ネットでダウンロード出来る物も多いのですが、
本を見つけて初めてそういう資料があることを
認識したものばかりですし、それだけの情報源になっている
業者さんにはそれなりの見返り・報酬も
あるべきだとも思うのです。
研究者さんが「○×についての本ってあるかな?」と聞くと、
サッと該当の本を持ってきたりと、
流石は名物古書業者!、な方達。
それとやはり印刷物の魅力というものもありますしね。
それでも、値段が凄い&本自体が重かったりで、
購入を見送ったものもありますが、、、、。
絵ハガキは、カーネギー自然史博物館の壁画に使われている
絵を使用したもの。
壁画の原画製作を担当されたウォルターズ&キッシンジャー
テス・キッシンジャーさんがアーティスト・ディナーの時
参加者に配られた物です。


次回も戦利品編。





Comments

post
2010-10-23 18:13 
A.E.G No.1759 [Edit]
リクガメパペットもさることながら、ウィリアム・スタウトにチャールズ R・ナイト、いいですねぇ!

カリコテリウムの本は、見たいような、今更みたくないような(笑)。
2010-10-23 21:25 
まめしば No.1760 [Edit]
ナニこのパペット!?
すごい可愛すぎるんですがががが!!!
思わず食いついてしまった!
学術本とか良いですね~^^
自分も本好きなのでこういうのみると
駄目ですのぅ。。。(欲しくなる)
アメリカとか行ったことないので、こういう
本の写真見るとうらやましす!
2010-10-27 14:29 
ふらぎ No.1761 [Edit]
■ A.E.Gさん
改めて作品を見ると、スタウトはナイトからの
流れの上にあるのかな、と思います。
「キング・コング」のオブライエンやハリーハウゼンの
恐竜にナイトの影響が色濃く出ていますし、
そのハリーハウゼンがスタウトの画集のイントロを寄稿していたり。
英米の恐竜アートの歴史の流れを感じますね。

カリコテリウム本は、それほどイメージが一新するような
ネタは無いような(図版だけ見る限りですが、、、)。



■ まめしばさん
リクガメ、良いでしょ~!
同じメーカーのカメレオンもお気に入りです。

会場の新刊・古書出店ブースは
資料を検索、購入出来るだけでなく、
同じ分野に興味のある人間と知り合える場所でもあります。
「あ、隣の人、獣弓類の本見てるけど、
その分野の研究者さんなのかな~」とかチェックしたり。
あと、知り合いの研究者さんには、
おススメの本を教えて貰ったりも。
そういう情報交換の場としても楽しいのです。

Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。