:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

SVP2010inピッツバーグ 2

 sRIMG0035
エキシビション会場
化石クリーニング用具や、先日見学したPFPのような
展示業者・グッズや書籍販売ブースが並びます。

 sRIMG0040
こちらは古脊椎動物専門の古書業者。
一般書だけでなく論文・研究書等が
販売されています。ちゃんと、魚類から哺乳類まで
カテゴリーに分けてあるので、お目当ての物が捜しやすい。
今回もここで相当な買い物をしてしまいました。

 sRIMG0038
こちらも古書業者。こっちでも結構な冊数を購入。

sRIMG0043.jpg
で、ここの店には、随分前ですが私が原型を担当した
アルバートサウルスのフィギュアが。
ちょうどタイラー・ケイラーさんが通りかかったので、
記念撮影。
その後、このフィギュアを囲んで話し込んでいる一団を
発見。ダメ出しでもされているかも、と、ドキドキしながら
「それ、俺が原型やったんだけど、、、」と声を掛けると、
「そうなのか! 最近の作品見せてくれるか?
 ウェブサイト持ってるか?」と数人に囲まれたり。

この古書業者には、非常に状態の良い
「恐竜学最前線」がかなりの数揃っていました。
最後まで迷いましたが、他の本を買いすぎて断念。
結局、タイラー・ケイラーさんが全部購入していましたが。

 sRIMG1800
その「恐竜学最前線」の読者投稿に掲載されている、
若かりし頃の私の作品を発見。
それを去年のSVPでコルバート賞を穫った
木村さんに音読される罰ゲーム的展開。
隣は、先日のツイッター企画にゲスト参加して下さった
荻野さん
(今回はAgriotherium の新標本についてポスター発表)。
私がこの作品を投稿した時には、将来こんな形、
こんな場所で研究者さんに弄られる事になろうとは、
夢にも思いませんでした。
、、、、多分、これも今まで頑張った
ご褒美なんだろう、きっと(笑)

2日目の夜は、古生物アーティストの食事会が開催。
結局、研究者にも声を掛けて参加者を募ったので、
アーティストの食事会、という主旨からは少し外れましたが、
それでもアーティスト比率は高いのです。

sRIMG0022.jpg
この食事会の主催者マイケル・ハビブ氏による挨拶。
Habib氏は今回、翼竜の飛行能力についてポスター発表を
されていました。

sRIMG0025.jpg
私たちの隣のテーブルの皆さんと記念撮影。
私のすぐ隣が、あのグレゴリー・ポール氏
その右がヘレン・チュウさん、その後ろがトレイシー・フォード氏
一番右が小田隆さんです(私のすぐ後ろの方は名前を確認するのを
忘れていましました)。

sRIMG0027.jpg
小田さんの作品を見るニック・ガードナー氏
(今回のSVPでは、双弓類のヨウンギナの脳について発表)。
ガードナー氏は、クリーブランドでのSVPで知り合って以来、
メールのやりとりがあり、また彼のブログでの
論文紹介は恐竜以外の古生物ネタが多いので、
良い情報源になっています。

この会場では、ロウレンス・ウィトマー氏
挨拶出来たのが嬉しかったですね。
恐竜の生体時の鼻孔の位置の研究
著名な論文が多く、テレビ出演も多い
スター研究者の一人と言って
良い存在かと思います。
ウィトマー氏くらい有名な研究者になると、
SVP会場では常に誰かとお話されていて、なかなか
話しかけるタイミングが持てないのです。

ピッツバーグ編 続く

タイラー・ケイラー氏 作品掲載書籍


グレゴリー・ポール氏著作






Comments

post
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。