:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 恐竜・古生物模型製作紹介 > アクロカントサウルス製作(とコンカベナトルについて)

アクロカントサウルス製作(とコンカベナトルについて)

s-R0011827.jpg
 状態の良い全身骨格があって、結構詳細な論文も出ていて、足跡(といわれている)化石も見つかっている、と資料には比較的困らない恐竜の一つ、アクロカント。後々の楽しみ的に取っておいたネタでもあったのですが、そろそろ造ろうか、という事に。
 Currie, Philip J.; & Carpenter, Kenneth. (2000). "A new specimen of Acrocanthosaurus atokensis (Theropoda, Dinosauria) from the Lower Cretaceous Antlers Formation (Lower Cretaceous, Aptian) of Oklahoma, USA"に掲載の全身骨格図と、立体組み立て全身骨格で違いがあるのですが、基本的なバランスは論文の全身骨格を元に、組み立て骨格の要素を入れて製作です。アクロカントに関しては、前肢の可動範囲の研究もあるので、それを考慮してポーズも決めます(まだ調整中)。


s-RIMG0472.jpg
 去年、大阪で展示された全身骨格。各パーツの精度が高いように見えますし、肩周りの組み立てが奇麗だったりで、好きな組立骨格の一つです。

・・・・・・・

 先日発表されたコンカベナトル(コンカベナトール Concavenator)
背中の瘤と、腕の羽毛の基部の痕(飛羽瘤)で話題になっています。早速、論文をダウンロード(有料)したのですが、そこに掲載の標本画像を見て、気になったところが。報道では「腰の上にこぶ」とありますが、伸びているのはスピノサウルス背中と同じく神経棘という骨で、「瘤」というほどの厚みはありません。なので、どちらかと言えば帆もしくは突起のほうが化石からのイメージ的には近いかな、と。もちろん、そこに脂肪などが付いていれば「瘤」な外観になるかも知れませんが。
 また、「腰の上」とありますが、実際には長く伸びているのは腰の骨の直ぐ前の背中の骨の一部・神経棘。で、腰の部分では逆にまったく神経棘は目立たず、尻尾でまた高くなります。これを化石そのままに表現すると、
159035299_edited-1.jpg
な感じかな、と。
腰の上の部分が凹む事になります。同様の疑問を持たれた方も居られるようで、海外には化石の腰の部分の神経棘が欠けているものとして、そこを補うような表現の(つまり背中の突起から尻尾がなだらかに繋がるような)骨格図を発表されている方も(研究者では無い方ですが)。
論文には
"The neural spines of the sacral and first caudal vertebrae are low, below the dorsal rim of the ilium."とあります。
腰の部分の神経棘は低い、って事で良いのかなぁ、、、。

腰部分、背中方向から見てみたいですよねぇ、、、
(もちろん、他の部分もあらゆる角度で見てみたいけど。あれだけ見事な保存状態だと)。

Comments

post
2010-09-15 15:50 
ゴーダイ No.1740
こんにちは。

コンカベナトールの腰についてはまったく同感です!
産出の状態がとてもきれいなので、おそらく写真通りなのでしょうけど、あの空間がとっても気持ち悪くて、骨格を勝手に付足してつなげはしませんでしたが、ラクダのように脂肪や皮膚をつけてしまいました・・・

しかしふらぎさんは学会にも参加されている専門家の方なのですね!

ブログなサイトで恐竜に本当に詳しい方と出会えるのは、嬉しい反面、似非SFマニアがSF者の方に会うようで、ちょっと恥ずかしいですw。

アクロカントサウルスって頭がカッコいいですよね。制作頑張ってください!
2010-09-15 16:25 
ふらぎ No.1741 [Edit]
■ ゴーダイさん

こちらにもコメント頂き、ありがとうございます。
腰の凹み部分に脂肪や軟組織がある、というのは、
ただ凹んでいるよりも自然な感じな気はします。
でもそれなら普通に腰の神経棘も長くて
良いんじゃない?という事にもなるのかなぁ、とか。
ほぼ同時代・同地域のBecklespinaxとの関係も気になります。


>ブログなサイトで恐竜に本当に詳しい方と出会えるのは、
>嬉しい反面、似非SFマニアがSF者の方に会うようで、
>ちょっと恥ずかしいですw。

私も子供の頃からの恐竜好きでしたし、専門家というより
マニア寄りの意識の人間だと思います。
ずっと恐竜を造っているうちに、いろいろと不思議に思うことが増えて、
研究者の方に質問が出来れば良いけど、
でも自分がそんなレベルなのか迷っていた時に、
古生物復元画の小田隆さんに国内外の学会に誘って頂き、
それ以来、学会を含め、いろいろな集まりなどに
参加出来るようになりました。
私ほど頻繁ではなくても、恐竜・古生物のイラストや模型を
趣味で製作されている方で学会や集まりに
参加されている方もいますよ。
2010-09-17 10:12 
こっぺ No.1744
やっぱりですね!報道ステーションでは瘤とか言ったり新聞紙上では突起とか言ったりなんかまとまりありませんでしたけどずっと変だと思ってたんですよ。だってあんな位置に突起あったら交尾できませんもん。雄雌どっちが上か知りませんけど股関節外れちゃうよって話ですよね。
その点今回うpされてる想像図はちゃんと腰の上だけえぐれてて足のっけるのに最適な形になってますね。
2010-09-17 15:46 
ふらぎ No.1745 [Edit]
■ こっぺさん
先日コメント頂いた際の返信にも書きましたとおり、
初めてこちらにコメントされる場合又
ハンドルネームを変更された場合は、
メールアドレス、サイトURL、ツイッターアドレス等、
入力して頂くようお願いしております。
これは、ハンドルネームの重複の場合や、
個人的に連絡を取る必要が生じた場合等への対処のためです。
ご連絡頂くまでは、コメントも非表示とさせて頂きます。
ご理解のほど、宜しくお願い致します。
2010-09-17 21:10 
こっぺ No.1747
すんません。勢い込んで書き込んでおいて恥ずかしい///
2010-09-17 21:28 
ふらぎ No.1748 [Edit]
■ こっぺさん
こちらこそ、連絡頂けて良かったです!
今後共、宜しくお願い致します!

で、改めてですが
>だってあんな位置に突起あったら交尾できませんもん。

スピノサウルスやステゴサウルスのように、
もっと難易度高さそうなのがいますからねぇ(笑)。
今製作中のアクロカントサウルスも、腰の上の骨が
スピノほどでは無いものの高いですし。
動物って、思わぬ解決を持っていたりするので、
背中の形はあまり問題じゃないのかも知れません。
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。