:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 講演 > 恐竜教室at板橋区立教育科学館

恐竜教室at板橋区立教育科学館

8/14,15
板橋区立教育科学館にて
「恐竜復元画ワークショップ」
「夏休み恐竜研究会」
を開催しました。

午前は「恐竜復元画ワークショップ」
板橋・恐竜・教室1
こちらは私がメインの担当。


午後は「夏休み恐竜研究会」
板橋・恐竜・教室2
教育科学館に常設展示されている
トリケラトプス頭骨の前で解説中の
京都大学大学院・黒須さん。
午後の教室は黒須さんがメインで担当。
トリケラトプスの実物頭骨化石をこれほど至近距離で
見る事が出来るのは、日本国内でも極めて珍しい、
という事で、解説にも熱が入ります。

実習室に移動して、化石のスケッチや復元画製作。
板橋・恐竜教室3
化石レプリカを見せながら解説中。
フルアーマーガンダム、ゲルググキャノン、
ジムキャノン、なんていう言葉が頭をよぎるMSV世代。

板橋・恐竜教室4
ふらりと見学に来てくれた友人にも、
復元画ワークショップをやらせて見ました。

板橋恐竜教室5
結構上手いよねー、なかなかやるじゃん。
、、、、いや、ありがとうございます、久正人さん
ジャンゴのご先祖様だ!
他にも、今までにこうやって描かされた方には、
所十三さん小田隆さんが居られます。
それぞれの作品は私の自慢のコレクション(笑)。

今回の教室も参加者の皆さん、非常に熱心で
子供達だけでなく保護者の皆さからも質問が出たり、
親子一緒に積極的に楽しんで下さったように思います。
また、午後の教室は対象年齢が小学4年生以上と、少し年齢が
あがる分、本当に恐竜・古生物に詳しい子供達ばかりで、
教室終了後も黒須さんと真剣に話をするような場面も。
参加の子供達同士で話をするうちに、新しい友達が
出来た、というのも、こちらとしては予想以上の反応。

友人や以前仕事で御世話になった方も沢山見学に
来て下さり、これも嬉しかったです。
今回のブログの画像も、一部を除いて「ほんとのおおきさ恐竜博」
カメラマンさんに手伝って頂いたり。
板橋区立教育科学館の皆さんにも大変御世話になりました。
ちょっと実験的、とうか新ネタの内容での教室でもあったのですが、
それを快く受け入れて下さった上、より良い内容になるよう
様々な提案・サポートもして下さいました。
ありがとうございました! 

板橋区立教育科学館での夏の恐竜特別展示は
引き続き8月24日まで開催されています。
私の作品も展示されていますので、是非宜しくお願い致します。

Comments

post
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。