:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 恐竜・古生物 > 話に尾鰭が付きました

話に尾鰭が付きました

・モササウルス類新復元に関する論文
"Convergent Evolution in Aquatic Tetrapods: Insights from an Exceptional Fossil Mosasaus"
Johan Lindgren, Michael W. Caldwell, Takuya Konishi, Luis M. Chiappe


こちらにはイラストも。

論文著者・Johan Lindgren氏が以前発表された
モササウルス類のプロトサウルスの論文も興味深いものでした。
今回の発表で復元されているのはプラテカルプス。
尾ビレに関しては、上側の軟組織の部分の跡は未発見と
論文にあるので、これほど綺麗な三日月型かは
あくまで可能性の一つ、という事になるのでしょうか。
尾ビレが目立ちますが、胴体も結構雰囲気が変わります。
こういう研究が進んでいる事は、ちょっと前から伺っていたので、
それでこの1年はモササウルス類は造りたくても造れなかったんですよね。

モササウルス類新復元に関しては、モササウルスの専門家も参加する
某所の企画にちょこっと関わってますので、またいろいろと
お伝え出来るかと思います。

Comments

post
2010-08-12 11:54 
高井 No.1715 [Edit]
カドが増えると、折り紙では厄介です。
昔の復元図では、必ずあった「背ビレ」は、確実に消えてしまったのでしょうか?
2010-08-13 16:23 
ふらぎ No.1717 [Edit]
■ 高井さん
>カドが増えると、折り紙では厄介です。
確かに!(笑)

>「背ビレ」は、確実に消えてしまったのでしょうか?
「無い」事を証明するのは難しい事、と言いますが、
「有る」という証拠が無いですし、現生の大型のトカゲや
海棲動物に同じようなモノが無いので、
とりあえず背ビレは無し、が無難な選択かと思います。
ちなみに、今回の論文で紹介されている標本には
皮膚の跡も残っていたようです。
2010-08-14 18:05 
A.E.G No.1719 [Edit]
皮膚の跡!それはすごい。ぜひ訳して下さい(笑)。
イラスト見ましたが、見事な「尾びれ」ですねぇ。
個人的には、トカゲのクネクネ力で、尾が縦長なだけで結構な推進力を生むのでは考えていたのですが…。
2010-08-16 15:25 
荒木 No.1720 [Edit]
ずいぶんイメージが変わりますが、これはこれで作ってみたいかも。
2010-08-17 09:12 
ふらぎ No.1721 [Edit]
■ A.E.Gさん
>皮膚の跡!それはすごい。ぜひ訳して下さい(笑)。
尻尾の事といい、とにかく状態の良い標本らしいのです。
といっても、画像を見て
「、、、って事なのかな~」程度の理解なのですが。
私に翻訳期待しちゃダメですよぅ。

>個人的には、トカゲのクネクネ力で、尾が縦長なだけで
>結構な推進力を生むのでは考えていたのですが…。
逆に、今までのモササウルス類の姿が
遊泳に特化した海生動物としては風変わり
だったのかも知れませんね。


■ 荒木さん
恐竜・古生物では、新復元、新学説といっても、
直ぐに飛びつけない部分もありますが、
今回の発表の基になった標本の状態は
とにかく素晴らしいそうなので、論文をもうちょっと丁寧に見て
(読んで、とは流石に言えない)、研究者にもお話を伺いつつ、
今後の作品に反映出来ればと思っています。
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。