:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト 恐竜・古生物模型製作紹介 > スピノサウルス(2010)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピノサウルス(2010)

スピノサウルス完成です。
spinosaurus11.jpg

spinosaurus1.jpg
縮尺は約1/25、全長62cm。
マングローブ林が生息環境の一つだった、という説、
歯のエナメル質の酸素同位体の解析からの半水棲説を
基に、マングローブ林の干潟を餌を探して歩いてるシーンを
イメージしていたのですが、今回はマングローブ林ベースは
見送り。凝ったベース造ると梱包・輸送が大変なんですよね。
ベースだけ別にもう一つ用意する、という手もありますが、
時間も無いので今回はここまで。


s-R0011572.jpg
前回も紹介しましたが、今回会心、というか
マグレ当たりの爪の塗装。

このスピノ製作に関しては、こちらも,
また関連記事その1その2も。


主な参考資料
・"New Information on the Skull of the Enigmatic Theropod Spinosaurus, With Remarks on its Size and Affinities."Dal Sasso, C.; Maganuco, S.; Buffetaut, E.; Mendez, M.A. (2005)
Journal of Vertebrate Paleontology, Vol. 25 (4)

・"My theropod is bigger than yours...or not: estimating body size from skull length in theropods".Therrien, F.; and Henderson, D.M. (2007). Journal of Vertebrate Paleontology 27 (1)

・"Oxygen isotope evidence for semi-aquatic habits among spinosaurid theropods"
Romain Amiot1, Eric Buffetaut, Christophe Lécuyer, Xu Wang, Larbi Boudad, Zhongli Ding, François Fourel, Steven Hutt, François Martineau, Manuel Alfredo Medeiros, Jinyou Mo, Laurent Simon, Varavudh Suteethorn, Steven Sweetman, Haiyan Tong, Fusong Zhang and Zhonghe Zhou. Geology; February 2010; v. 38; no. 2; p. 139-142; DOI: 10.1130/G30402.1
(アブストラクトのみ参考・「恐竜の楽園」2010/02/09(Tue)に日本語での簡単な紹介有り)

「肉食の系譜」

・「ナショナルジオグラフィック」2007年12月号

・「恐竜2009 砂漠の奇跡 公式カタログ」

Comments

post
2010-06-26 02:23 
飛車 No.1695 [Edit]
むむ、スピノも歯が出ないタイプの復元ですか
でも唇が厚いと顎に縦方向のボリュームが出て
逆に迫力がでますねー
2010-06-29 16:30 
ふらぎ No.1696 [Edit]
■ 飛車さん
カッコ良いスピノは他の作家さん任せです。
それに、私の前のスピノは歯が出てるタイプだったので、
今回は違う手法で、という事で。

>唇が厚いと顎に縦方向のボリュームが出て
>逆に迫力がでますねー
唇の分、顔が大きく見えますから
押しが強い感じになります。

っていうか、何となくアンギラスの
初代と2代目の違い的な感じがするのです。
2010-06-30 11:28 
荒木 No.1697 [Edit]
上腕から肩にかけての雰囲気がかっこいいですね。
確かにベースに凝りたいけど、大きな模型だと色々考えてシンプルにまとめてしまいますね。
(爪の塗装法また教えてね)
2010-06-30 16:15 
ふらぎ No.1698 [Edit]
■ 荒木さん
>上腕から肩にかけての雰囲気がかっこいいですね。
伊藤恵夫さんの特別授業に参加した折に
ご指摘頂いた点を基に修正したのが、
上手く行ったのだと思います。
http://fragi.blog70.fc2.com/blog-entry-486.html
ちょっとの事なんですが、意識するかしないかで
変るものです。

ベースはあまり凝ると、置き場所・保存・輸送に
かかる負担が何倍にもなりますからねぇ。
と、避けていると、いつまで経っても
ベース造りのスキルが上がりませんが、、、。

爪の塗装は、結果的に偶然そうなったとは言え、
とある方に以前コッソリ教えて頂いた技法が
ベースになっているので、あまり人に喋れないんです。
といっても、そんなに複雑な手法じゃないので、
実物見たら一発で判るかと思いますが。

あと、最近、作品の塗装方法も大きく
変えたんですが、これは小田隆さんの
絵画の技法を真似しています。
直接関係無さそうでも、いろんな方に
いろいろ聞いてみるもんです。
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。