:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト その他 > ウミガメ骨格標本

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウミガメ骨格標本

きしわだ自然資料館で行われた、
ウミガメの骨格標本作りイベントのレポートを。

南海・岸和田駅から資料館に向ってスカルチュラさんと
歩いていると、途中の商店街の小さな玩具店店頭に
SHINZENさん原型のティラノソフビを発見。
スゴイな、こんなとこまで流通してるんだ。

資料館近くの岸和田城。
IMGP3424.kisiwada.06.9.jpg
まさに骨日和の晴天。


会場は資料館裏の屋外スペース。
到着すると、すでに鰐亀さんはにわや工房さん
何やら作業中。スタッフの方に伺うと、
紆余曲折を経て、カビだらけになった骨格を
歯ブラシで磨いて欲しい、との事。
という事で、しばしカビ取り作業を黙々と。

IMGP3451.kisiwada.06.9.jpg

カビ取り作業が終わった尾椎に
紐を通してみてストラップに
(標本で遊ぶな!)。



とりあえず、骨の方向・左右等は無視して、
子供さん等の一般参加者に分かりやすいように
簡易に並べてみました。
MGP3436.kisiwada.06.9.jpg

甲板に横たえられたニュー・ネッシーを
彷彿とさせる怪しさがあるのは何故だろう。

この後、諸処の処理をした後に組み立てる予定だそうです。
アカウミガメの全身骨格なんて、あまり見る機会が無いので、
完成が楽しみですね~。

このイベントに関しては、きしわだ自然資料館の学芸員
ちよのすけさんのブログでも紹介されていますので、
そちらもどうぞ。

帰り道、先の玩具店の前を通るとティラノソフビが
無くなってました、、、って事は売れたの?
凄ぇな、SHINZENさん、売れっ子じゃん。
で、何時になったら約束の焼き肉、奢ってくれるんだろう、、、。

Comments

post
2006-09-25 23:40 
スカルチュラ No.3
では、もう一度
先日はお疲れ様でした。
貴重な体験が出来てとっても楽しい一日でした。
学芸員の方々はこれから大変でしょうね、
僕達はおいしいとこだけ遊ばせて貰いましたけど。

焼肉の時は僕も連れて行ってください。SHINZENさん

その前にセンセに奢って欲しいですよね、SHINZENさん
2006-09-26 02:39 
SHINZEN No.4 [Edit]
すっごい楽しそうですねーーー。
こんなイベント、僕も参加したいー。
丁寧にキレイキレイにして差し上げたら
竜宮城にいけるかもしれませんねぇ。

僕も脊柱であそびたいー(汗)

ソフビティラノ、誰かが喜んで買ってって
くれてたら嬉しいです。。
でも焼肉は、センセ、宜しくお願いします!
ね、スカルチュラさん。
2006-09-26 10:01 
ふらぎ No.5 [Edit]
>スカルチュラさん
いや~、あの日は大活躍でしたね、スカルチュラさん。
ウミガメの骨格なんて初めてで、誰も判断しかねている
骨の部位を次々と当てる様は、
男塾三面拳・雷電のようでしたよ。


>SHINZENさん
>こんなイベント、僕も参加したいー。
きしわだ自然資料館のイベントは、
いつもこんな感じで、楽しいんですよ。
骨格組み立て作業とか、是非見に行きたいと
思ってます。

で、そのセンセって誰?
俺も焼肉奢って欲しいんだけど。

2人とも、そんな事言ってないで、
さっさと有名になってガッチリ稼げ~!
2006-09-26 12:49 
まがね No.6 [Edit]
組み立てるのは楽しそう。

何というか、骨を損なうことなく食べることができたカレイの一夜干し…のような。
そんなうれしさがある画像ですね。
2006-09-26 23:22 
ふらぎ No.7 [Edit]
>まがねさん
自然資料館に来るまでの経緯から、もっと不完全な物を
予想していたんですが、意外に保存状態が良くて、
これなら結構綺麗に骨格が組めるかも、って感じです。
いかにも標本、な堅いポーズじゃなくて、
泳いでる姿なんかで組めたらカッコイイんでしょうけどね~。
2006-09-27 08:17 
ヨッシー No.8
いいな~。行きたかったな~。
甲羅ってもっとコロンと丸々あるものだと思っていました。
バラバラで骨が出てきたら私にはどこの部分だかさっぱり。
恐竜の化石見つけた人も骨がどこの部分かすごく悩みそう。

この亀さんについていたお肉ってどうやってとったんでしょう?土の中にでも埋めておいたのかな。
2006-09-27 10:27 
ふらぎ No.10 [Edit]
>ヨッシーさん
専門家が見れば一発なんでしょうけどね。
化石は、さらに破損、未発見、歪み等が
ある訳で、相当な知識と経験が無いと
骨の一部を再現するのも難しいでしょうね。

>土の中にでも埋めておいたのかな。
そのようです。
と、いうと簡単ですが、これだけの大きさの
ウミガメを埋める作業って大変ですよ~。


2006-09-28 11:28 
ちよのすけ No.14
先日はいろいろお手伝いいただき、ほんとうにありがとうございました。
骨を扱う行事は初めてだったので、どれだけ興味をもっていただけるか心配だったのですが、あんなに一生懸命してくれると、こちらもやってよかったなあ、という感じになりますね。
 しかし、骨はここからが大変です。うまくいくのやら・・・。
2006-09-28 17:28 
ふらぎ No.15 [Edit]
>ちよのすけさん
こちらこそ大勢で押し掛け、挙げ句なんだか
好き勝手に楽しんでしまい申し訳ありませんでした。

骨は意外に今、人気あるみたいですよ。
「なにわホネホネ団」が有名ですが、
自然資料館でも何かオリジナルのイベントが
出来れば楽しそうです。

まずは今回のアカウミガメをどうにか、ですね。
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。