:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト 恐竜・古生物 > 頑張れ、元(?)インドリコ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張れ、元(?)インドリコ。

打ち合わせ等で、急遽東京へ。
で、空いた時間に科博で開催中の「大哺乳類展」見学。

展示の中には化石哺乳類のコーナーも。
資料用にと画像を撮っていると、
展示されているインドリコテリウム頭骨を
見た一組のお客さんが
「へ~、一番大きい(陸生の)哺乳類だって~
 全身はどんな形で、どれくらい大きいんだろうねぇ~」

、、、、、いや、ここのすぐ傍、
科博の常設展示に全身骨格がありますから!


ティラノを初め、大型の恐竜の全身骨格を
展示する博物館が増えた頃、恐竜は人気があるから
展示も増えたけど、流石にインドリコテリウムは
日本で常設では見れないかな、と思っていたので、
科博の地球館で全身骨格を見たときは感動したものです。
それ以来、妙にインドリコには思い入れがあるだけに、
インドリコに興味を持った人が、すぐ傍にある全身骨格に
気づくことなく帰ってしまうのは悲しい。
それに、企画展だけ見て、常設展示は見ずに
帰っちゃう人って意外に多いんですよね。

という事で、思わず常設展示の事も含め、インドリコの解説。
「あ、そうなんですか! それは常設も見ておかないと!」
と、嬉しい反応。良かった良かった。
では、撮影の続きを、、、、と思った傍から、
「へぇ、一番大きい哺乳類だって。どんな形で(略)」

もう、説明しませんでしたけどね。
何度もやると怪しい人ですし。
私が化石哺乳類のコーナーにいる間に3組くらい
同じ反応してました。
企画展とは言え、もっと自分のところの展示を
アピールしても良いんじゃないかなぁ。
どこかで常設展示の紹介してたのかも知れないけれど、
多分、ほとんどのお客さんは気づいてないと思うし、
頭骨を見て興味を持った瞬間に、常設展示への
誘導も強くしておかないと。
だって、もう二度と、その人の頭にインドリコの事なんて
思い浮かばないかも知れないんですよ。

皆さん、「大哺乳類展」の後は、是非常設展示のほうにも。
インドリコも、きっと首を長くして待っています。
科博の化石哺乳類展示の充実度は凄いですよ。
って、ここ読んでる人は、言わなくても大丈夫な人ばかりな
気もするけれど。

200906_01_64_e0133764_0415323.jpg
以前製作したインドリコテリウム。詳細はこちら
そのページでも書いてますが、インドリコテリウム、現在は
学名がパラケラテリウムとするのが主流みたいなのです。
今回の記事のタイトルは、そういう事なのです。

Comments

post
2010-04-22 19:33 
樹山 No.1662 [Edit]
哺乳類展は見に行くつもりなので、ちゃんと常設展示も見るように気をつけますね。

しかしその場でお客さんに解説しちゃうとは流石です^^;
2010-04-23 20:49 
あめふらし No.1663
たしかに、特設の化石コーナーは大きさも表記してほしいなあーと相方と言ってました。
常設のインドリコ。僕も好きです★
2010-04-24 18:25 
ふらぎ No.1664 [Edit]
■ 樹山さん
>常設展示も見るように気をつけますね。
是非是非! 
科博の絶滅哺乳類展示は、量・質共に素晴らしいので。


>その場でお客さんに解説しちゃうとは流石です^^;
やっぱり結構勇気はいりますよ。
それに、結局1組にしか説明出来なかったんですから、
まだまだ図太さが足りないな~とか思ったり。


■ あめふらしさん
>特設の化石コーナーは大きさも表記してほしいなあーと
>相方と言ってました。
そうなんですよね。復元画も有ったり無かったりで。
結構良い展示が揃っていただけに、余計に残念。

>常設のインドリコ。僕も好きです★
陸のインドリコ、海のバシロサウルス、という
あの大型哺乳類並びは凄いですよね~。
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。