:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > その他 > 爬虫両棲類学会

爬虫両棲類学会

週末は、泊まりがけで天理大学開催の
爬虫両棲類学会に参加して参りました。
同行者は、アクアプラント・守亜さん海洋堂・古田悟郎さん
はにわや工房さん鰐亀流工房さん

初日はあの千石正一先生の講演からスタート。
講演内容はシンプル。千石先生自ら撮影された
世界中の爬虫類・両棲類の画像と共に、その解説&
体験談。見た、触った、怒らせた、びっくりした、感動した、
噛まれた、逃げた、新種だった、等など。
こういう講演、真似できたら良いな、とか思うも、
流石に恐竜・古生物の展示物相手に
噛まれた、怒らせた、は無いわな。

今回、ちょっとした縁があってアクアプラント・守亜さんは
オリジナルTシャツを会場で販売出来る事に。
これ幸いと、販売スペースに居候していたら、
そのおかげで結構いろんな研究者さんと
お話する機会が持てました。

初日の夜は懇親会。
今回の学会参加の上での課題だったのが、
両棲類の専門家にコンタクトを取ること。
最近、化石両棲類への興味が増してきて、
その上で是非現生両棲類側からのご意見を
伺いたいことがあったのです。で、知り合いの
研究者さんから誰か紹介して頂こうかと思っていたんですが、
結局辿り着いたのが、あの松井正文先生
もう、これ門外漢だからこその図々しさかも知れない。
随分ポイントのずれた事も言ってしまったかと
思うのですが、気さくにお話して下さいました。

次に、学会に参加するなら是非ご挨拶したかった
星野一三雄さんの所へ。
今回、学会に参加してみる気になったのは、
一つは疋田先生との縁がありますが、もう一つは
星野さんのAll Aboutでの学会レポートを読んで
その内容が一般の方に学会の事を
非常に分かり易く解説されていて、かつ
私が常々古生物学会に参加して
思っていた事と一緒だったから、というのが
あったからなのです。この雰囲気ならちょっと
様子を伺いに行っても大丈夫かな、と。
星野さんの活動は、研究者ではない立場で
その分野のあまり表に出ない部分の面白さを伝える、
ということでは、とても参考になる部分が多いのです。
今回、この機会に実際にお会いしてお話を伺えて
良かったです。



今学会では高校生が発表されていたり、ただの爬虫類好きです、
なんて参加者も結構居られたり。学会というものへの敷居の高さは、
参加する側の人間の心の持ちよう次第なんだな、と。
折角興味があるんだったら、毎回とは言わなくても、
近場で学会が開催される時はちょっと思い切って
参加しても損は無いよ、というのは古生物も
爬虫両棲類も一緒ですね。

会場でお世話になった皆様、とんだ門外漢の闖入で
ご迷惑お掛けしたかと思いますが、ありがとうございました。

Comments

post
2009-11-13 15:58 
職人 No.1552 [Edit]
懇親会で早々にテーブルの上が空になるところまで古生物学会と一緒ですやん・・・
2009-11-15 18:16 
ふらぎ No.1553 [Edit]
■ 職人さん
いや、今回はそうでも無く、料理も十分に足りてました。
古生物学会も、最近はしっかり食べさせてくれますよ。
おかげで、2次会の時それほど料理が必要なかったり。

職人さんには、そろそろ古無脊椎イラスト職人としての活躍を
期待したいのですが、如何でしょう? ブログとかやりません?
2009-11-19 16:34 
職人 No.1559 [Edit]
 今は仕事に少し余裕ありますし、そういった面でまにあーな活動できたらいいなぁ、と憧れつつ、『どんだけマニアなんだ』『要求厳しすぎる』と内心怖々な昨今であります。

ブログよりもむしろHPの方で、ですかねぇ。問題はあまりにも範囲が広範に過ぎるために私ではチョイスしきれないという点。

個別単体の復元イラストで構わないのでしたら週1程度のペースでいけるかも・・・
脊椎とちごて表に出てる情報が乏しいのでプロジェクト化するか・・・

2009-11-22 10:00 
ふらぎ No.1563 [Edit]
■ 職人さん
>個別単体の復元イラストで構わないのでしたら
それで十分だと思いますよ。
古生物・無脊椎が分かっている人による
ビジュアルイメージが見てみたいんですよ。
恐竜以外の古生物も、研究成果によって
復元が着実に進歩している、というのを
アピールして貰えれば楽しいと思うのです。
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。