:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 恐竜・古生物 > 骨ゼミ&変ワニ

骨ゼミ&変ワニ

●27日は、近畿古脊椎動物学ゼミ、
通称「骨ゼミ」参加のため京都大学へ。
この日は京大・動物系統学研究室の疋田努先生による
日本のトカゲの分布に関する講演。
骨ゼミでは古脊椎動物だけでななく、こうして
現生動物の話も聞ける事も。
鱗の形、並びやDNA解析も活用する現生動物の
研究の話は、化石という骨だけから同定する場合が
ほとんどの古脊椎動物学に日頃接している私には、
またいつもとは違う研究の面白さ、大変さを
知る良い機会でした。

で、その後は毎回恒例の懇親会=飲み会。
骨ゼミ主催の松岡先生に学生さん、OBの皆さん、
もちろん疋田先生、それに小田隆さん
先日ナショナルジオグラフィック日本語版でも紹介された
化石ハンター・大倉さん等も加わり、なかなか濃い面子。



Strange Crocs of the Sahara
サハラで発見された白亜紀中期のワニ復元プロジェクト。
CGはタイラー・ケイラーさんに、先日のSVPでも
発表されたエリン・フィッツジェラルドさんの二方が手掛けた
復元模型も素材としてデータを制作しているそうです。

先日発表されたアルマジロスクスと言い、
ストレンジ・クロック=変ワニ(と、勝手に言ってます)が
何気に熱いっすね。
ちなみに、今月号のビバリウムガイド
幻想ビバガも海洋堂・古田悟郎さん制作の
アルマジロスクスです。
変ワニ戦線、参入したいな~、時間無いな~。



Comments

post
2009-10-30 00:49 
Spook No.1540 [Edit]
日本の爬虫類・両生類は固有種ばかりな上、意外と種類多かったりするから侮れないですよね。離島の調査とかしたら、まだまだ新種とか見つかりそうな気がします。

ビバガ、懐かしいですよ。以前は毎号欠かさず買っていたんですが、今はちょっと興味の対象が増えすぎてしまって。。。扱ってる書店が少ないのも惜しいところですね。表紙可愛いし、久しぶりに読んでみたくなりました。
2009-10-30 17:35 
umr No.1541 [Edit]
ワニも含め面白そうな古生物が発見されているのに日本で見られることが少なくて残念です。
恐竜の定義が世間的に曖昧だったころの恐竜博、「珍しい物まとめて持ってきました!」的な雰囲気に戻らないかなぁと思ったりします。
2009-10-31 11:46 
ふらぎ No.1542 [Edit]
■ Spookさん
>日本の爬虫類・両生類は固有種ばかりな上、
>意外と種類多かったりするから侮れないですよね。
まさにそういうお話でした。
素人が聞いても、こりゃエライこっちゃな~、
という感じでしたが、研究対象としては非常に
面白いのかも知れません。

ビバガは、業界を切り開くという意味では、
他の分野でもお手本に出来る
突出した雑誌だと思います。
爬虫類・ペット業界に疎い私でも、
読み物として楽しんでます。
割と隅から隅まで読んでる気がしますが、
相変わらず動物の名前とか全然覚えません。


■ umrさん
>「珍しい物まとめて持ってきました!」的な雰囲気
そうですねぇ。でも、恐竜に的を絞って、さらに近縁種の標本を
並べて系統関係等も紹介出来るようになったのは、
それはそれで歓迎すべき事と思います。
あれは世界中から標本・展示物が集められるから
出来る、ちょっとした夢の企画のような。
恐竜は恐竜として盛り上げて、それとは別に
『世界最大の翼竜展』のように、他の古生物にも注目して
貰えるようなイベントが増えると良いのですが。
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。