:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > イベント > ワークショップinホネホネサミット

ワークショップinホネホネサミット

慣れない携帯からの記事調整してたら、
うっかり記事を消去してしまいました。
こんな時に限って、画像も残ってないし。
さらに、2日目も自分のワークショップと
いろんな方との話に夢中でほとんど画像を
撮ってないんですよね。
あと、本当にいろいろ面白いネタが多くて、
一つ一つ紹介していると大変な事に。

という事で、ここでは私が今回出展させて
頂いたワークショップの報告を。

22日、1日目は土曜という事もあってか、
定員30人の所、参加者は20人ほど。
と言っても、今回はあくまで骨そのものがメインの
イベントですから、それとはちょっと毛色の違う
復元画ワークショップに20人参加して下さったのは
むしろ多いくらいと言って良いかも。
参加受付等も、スタッフの方が非常に手際よく親切に
対応して下さり、また実習中も、一般見学として会場に
来ていたはにわや工房さんや、スカルチュラさん等など、
友人達がいつものように手伝って下さいました。


2日目
前日、スタッフの方から「明日は日曜ですから、入場者が
増えると思いますし、ワークショップ参加者も
多くなると思いますよ」と伺っていたので、
定員近くくらいは集まるかな、と予想していたら、
午前・午後とも満員に。

午前の回は、小田隆さん所十三さんの両先生も
キチンと今回の参加費50円を払って参加(特別扱いナシです(笑))。
教室の一番後ろで、お二人が並んで実習されている
姿はなかなか見れるもんじゃありません。
こちらは講習中だったので、その様子の画像を
撮れなかったのが残念。
ワークショップ終了後はお二人の作品を
参加者の皆さんに見て頂けるオマケ付き。

所十三さんは午後の回にも参加して下さり、
参加者の皆さんにご紹介したところ、
ワークショップ終了後は子供たちに質問攻めに。
その時の画像も撮り忘れちゃったんですよね~、
またまた残念。

今回のホネホネサミットでのワークショップは、
いつものような恐竜に興味のある子供達ばかりだけでなく、
骨に興味があったり、ある程度以上の知識のある方の
参加も多く、普段とはまた違ったホネホネサミットならでは
と言って良い反応・質問、作品が見れて面白かったです。
加えて、ホネホネサミット内のワークショップという事で、
ワークショップ終了後も参加者の方と会場で
ゆっくりと話をする事で出来たのも良かったですね。


ホネホネサミット、本当に面白かったですよ!
それぞれに個性的な出展ブースに、
もちろん出展者の皆さんも一般参加者も楽しい方ばかり。
2日間の開催という事で、初日に知り合った方と
翌日さらにツッコンだ話が出来る余裕があるのも嬉しい。
運営スタッフの皆さんが、本当に楽しそうに、
それでいて非常に確実・的確に動いておられるのが
印象的でした。その雰囲気が参加者にも伝わって
あの他に類の無いような素敵な空間に
なっていたんだと思います。
次回の開催は未定という事ですが、
今から第二回開催、楽しみにしています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、この夏のイベントは、今度の土曜の
新潟県立自然科学館でのワークショップがラストです。
そちらも宜しくお願い致します。



Comments

post
2009-08-24 23:55 
dagao No.1492
ホネホネサミットではお世話になりました!実際に手にとって見ることができたのも魅力でした。

三国志、お好きなんですね。僕は実家が三国志祭の会場に近いので、明日足を運んでみようかと思ってます。
↑兀突骨、渋いですね(笑)
2009-08-26 03:29 
ふらぎ No.1493 [Edit]
■ dagaoさん

こちらこそ、先日はお会い出来て良かったです。

>↑兀突骨、渋いですね(笑)
ホネホネサミットだけに、って事で。

以前も紹介したんですが
http://www.youtube.com/watch?v=qgtNMdZtJUQ
三国志の部分、名&迷シーンに情報量、
BGMとの組み合わせもあって感動ものです。
兀突骨もいるよ(笑)。

あと、最後の横光キャラパレードも。
キャラ選択の法則に何度目かでやっと気付いた
自分が情けないのです。

Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。