:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト > 化石両生類本と化石象類本

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化石両生類本と化石象類本


「The RISE of AMPHIBIANS」が届きました。
化石両棲類の専門書。
骨格図も多数掲載。それぞれはネットや他の専門書にも
あると思うのですが、やはり纏まっていると嬉しい。
恐らく文章もかなり興味深い内容と思われます。


で、トキメキポイント。

RIMG03790001.jpg

みんな大好きゲロトラックス!
頭部のみならネットにも画像はありますし、
ちょっと前にJVPにも詳細な論文が出てましたが、
一般書で胴体付きなかなか見られないはずです。
「Note heavy armor plating,both dorsally and ventrally」
という一文がヒジョーに気になります。

そういや、コイツの特徴である3対の外鰓の
根拠って何なんだろう、、、。

とにかく他に類書が無いですし、化石両棲類好きの方は
押さえておいて損のない本かな、と。



●もう一冊
「マンモスが地球を歩いてきたとき」
翻訳版の発行は2005年なのですが、今年になって
きしわだ自然資料館のショップで初めて存在に気づき購入。
マンモスの進化と発見史が簡潔に纏まっています。
翻訳の高橋啓一先生に先日お会いしたのですが、
「文章は子供向けですが、内容のレベルは結構高いですよ」
との事でした。
マンモスに興味はあるけれど、専門書はまだちょっと
ハードルが高い、という方には是非お勧めです。

Comments

post
2009-08-14 13:31 
corvo No.1486 [Edit]
New Perspectives on Horned Dinosaurs: The Royal Tyrrell Museum Ceratopsian Symposium (Life of the Past)
は予約した?でも9月のSVPで販売しそうな気もしますが。でもまだ間に合わないかな。
The Rise of Amphibiansは日本に在庫がなかったので、アメリカのアマゾンに発注しました。
2009-08-14 17:39 
メリベニ No.1487
ゲロトラックスの胴体は初めて見ました。
気になるその一文、復元に影響ありそうですね。ちょっと想像付かない感じですが・・・。
2009-08-15 03:20 
Spook No.1488 [Edit]
>アンフィ・バイオ

表紙しか見てなかったらスルーしてたと思うので、こうして内容のサンプル付で良書を紹介して頂けると嬉しいです。
2009-08-16 12:40 
ふらぎ No.1489 [Edit]
■ corvoさん

「New Perspectives on Horned Dinosaurs」は、
SVPで内容確認出来れば良いなと。
ただ、内容的に買う事は決定のような気も。


■ メリベニさん

>気になるその一文、復元に影響ありそうですね。

体表にどれくらい影響するのか、
もしくは影響させるように表現するのか否か、
で随分復元の雰囲気変わりますよね。
他に似たような両棲類いれば、それも
参考にしたいところですが、、、、。


■ Spookさん

>こうして内容のサンプル付で良書を紹介して頂けると
>嬉しいです。

そう言って頂けると嬉しいです。
ネット普及以前に比べれば随分手軽に、
かつ安く洋書が手に入るようになりましたが、
かといって闇雲に買っていては大変ですから、
こういう情報の共有は大切だと思います。
ただ、私としては確実にお薦めなんだけど、
価格が高くて迂闊に薦められない
本もあるんですよね。そういう本をどう紹介するかは、
ちょっと悩み所です。

Spookさんのブログ、化石の画像が
やっぱり良いですね。
今回紹介した本を読んで、ブログで紹介されている
両棲類の化石がちょっと羨ましくなりました。
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。