:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト 作品展示 > 作品展・トークショー1日目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品展・トークショー1日目

真鍋先生をゲストに迎えての
トークショーの様子を、、、、、と行きたい所ですが、
なんせこっちが話をする側な訳で、画像撮ってないですし、
トークショーの後もサイン会で大わらわでして。

RIMG0341.jpg
サイン会も終わって、記念撮影。

いやぁ、ゲストにも関わらずの真鍋先生の
サービス精神一杯のトークは楽しかったですね。
講演者がこんなに楽しんじゃダメなのかも知れないけど。

トークショー&サイン会終了後は
小田隆さん、真鍋先生、それに所十三さんを始め
恐竜倶楽部の皆さんと夕食をご一緒させて頂きました。


本当に多くの方にご参加頂き、ありがとうございました。
青木良輔先生にも初めてお会いできて、短い時間でしたが
獣脚類の唇の復元についてお話を伺えたのも収穫でした。
もっと沢山の方とゆっくり話したかったんですが、
流石にあの状態では難しくて、申し訳ない事に
なってしまった方も多いかと思います。
もし宜しければ、トークショー開始よりもちょっと早めに
またご来場下さい。ゆっくり時間を取って
お話が出来るかと思います。

Comments

post
2009-08-04 08:56 
Ba2 No.1473
展示会、そしてトークショウ、お疲れ様でした。
代表的な種類、生態姿勢の新旧、六甲昆虫館とのコラボ、とバリエーションがあって良かったですワぁ。
それから、真鍋先生が仰っていた、同じ古生物で描画と造形の相互で製作のポイントを挙げる事は、作品群を見るだけでは判らない点が解明されますね。今後何かの機会に、同じテーマで描画と造形、それに研究者の観点が一度に展示されるような会が開かれると嬉しいなぁ(^^)
2009-08-05 09:09 
ふらぎ No.1476 [Edit]
■ Ba2さん

結局、食事会ではいつものように
お世話になってしまいました。
ありがとうございました。


>同じテーマで描画と造形、それに研究者の観点が一度に
>展示されるような会

そうですね。私も見てみたいです。
展示物や、復元に関するプロセス、見解、
学説等の解説だけでなく、
研究者や恐竜・古生物に関わっている
様々な分野の方の魅力も
伝えられるようなイベントが
あれば面白いだろうな、と思います。
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。