:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト > ネッシー始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネッシー始めました

『未確認生物学!』 
これの表紙のネッシーの立体模型を製作しました。
水棲系UMA(ってのは和製英語(?)ですが)マニア、
好きなUMAは、目撃談の設定の胡散臭さ&ディテール、
そして目撃再現図の魅力がアツい「ハイール湖の怪物」
の私としては、依頼があった時は二つ返事で
「やります! 資料もすでにバッチリです!」。

迫力を考慮して、頭部を大きめに造るなど、
立体イラストレーション的な部分もあって、
なかなか面白い仕事でした。
最初は模型の製作だけ、の依頼でしたが、
ネッシーを造形するにあたっての考察も少し
説明させて貰ったら、というアドバイスがあり、
またそれをお願いしてみたところ編集者の方が
快く受け入れて下さり記事にして頂きました。
なので、そこの所も是非読んでやって下さい。
本編も、UMAの存在を頭から否定するのではなく、
好奇心と冷静さ・客観性のバランスが絶妙で、
まさに「未確認生物学」の入門編と言える内容です。

次は是非、「ハイール湖の怪物」の仕事を、、、、

Comments

post
2008-11-22 10:31 
corvo No.1284 [Edit]
アマゾンで表紙の画像を拝見しましたが、首長竜の特徴をきちんとふまえた上で再現されているところがいいですね。こういう仕事って増やしていけばいいのではないかなあ。需要がある気がします。頭の突起、SVPのブロチューのワニの発表を思い出しました。
2008-11-22 22:47 
A.E.G No.1285
スミマセン、私は頭の角、懐かしいあの画像しか思いだせませんでした…(分かりますよね?)。
しかし、造形的にはさすがですね。
そう言えば私、中学の卒業文集に、ネッシーを見つける未来の自分を書きました(笑)。
2008-11-24 07:06 
ふらぎ No.1286 [Edit]
■ corvoさん
>首長竜の特徴をきちんとふまえた上で
>再現されているところ
判って頂けましたか!
、、、いや、corvoさんなら判って当然か(笑)。
この手の未確認生物ネタって、正体の話になると
古生物が話題の中心なのに、そこにその時点での
ちゃんとした古生物の知識が反映されない事が
多いんですよね。真剣に正体を追求するなら、
そこらへんキチンとやったほうが面白いと
思うんですけれど。

ブロチューのワニ、タイラーが発表した奴ですよね。


■ A.E.Gさん
>懐かしいあの画像
水中撮影写真の事ですか?

>ネッシーを見つける未来の自分
私も子供の頃は、自分でも見て見たいな~、と思ってました。
大人になった今となっては、うっかり目撃したり、
ましてや見つけてしまった時の、その後の展開を想像して
「大変そう。やっぱり遠慮しとこうかな、、、、」
なんて考えちゃったり。
2008-11-24 22:41 
荒木 No.1287
「未確認生物学!」見ました!
さすが、UMAも古生物にも造詣の深い造形ですね。
2008-11-26 06:51 
ふらぎ No.1289 [Edit]
■ 荒木さん
今回はどうもありがとうございました。
古生物復元の手法も取り入れたUMA造形は
一度やってみたかったんですよね。
カリコテリウム説のモケーレ・ムベンベとかも
面白そうです。
2008-11-26 21:46 
A.E.G No.1291
>水中撮影写真の事ですか?
さすがですね!ローバト・ラインズ博士という人が1970年代に撮った水中写真です。

モケーレ・ムベンベはいつの間にか竜脚類からカリコテリウムになりましたね(笑)。
やっぱり今カリコテが熱いんですよ!
2008-11-29 18:56 
ふらぎ No.1294 [Edit]
■ A.E.Gさん
>モケーレ・ムベンベはいつの間にか竜脚類から
>カリコテリウムになりましたね(笑)。

オゴポゴも、いつの間にかプレシオから
バシロサウルスで定着しました。

チャンプ・タニストロフェウス説は強引にも
ほどがありましたが、
調査隊隊長を京本政樹にしたのが
ポイント高かったす。
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。