:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > その他 > 「恐竜のいる風景」&その他

「恐竜のいる風景」&その他

●近日、「恐竜のいる風景」が発売です。
是非、皆さん宜しくお願い致します。
前にも書きましたが、このシリーズでやりたいネタが
まだまだありますので、第2弾に繋がってくれると
嬉しいのです。


●先日は、若手恐竜造形師・森岡さんを誘って、
古田悟郎さんと食事会。古田さんと言えば、ぶりくら関連の
記事でも紹介していますが、あの海洋堂で主に動物系商品の
塗装見本を担当され、その一方でチョコラザウルス等でカメ系を造形、
さらに雑誌「ビバリウムガイド」での連載記事「幻想ビバリウム」で
数多くの古生物造形作品を発表されています。
マイナーな古生物を造った数では、私はもちろん、
古田さんの師匠である松村しのぶさんをも上回っているかも、な方。
アクアプラント・守亜さんが共通の友人という事で、今回ゆっくりと
話をする時間をとる機会を作れたのです。
私が造りたいな、と思っているネタを次々に先を越されるので
憎い相手ではあるのですが(笑)、でもそういう古生物ネタを
振ってもバッチリ反応がくるのが嬉しかったりも。


「ペルム紀大会」に続く次回古生物造形大会、
共同主催のA.E.Gさんと打ち合わせ中です。
年末にはネタ発表、4~5月ごろ締め切りくらいで
考えていますが、まだまだ未定。
あまり取っ付き易いネタは面白くないし、といって
誰もついて来れないと問題だし。
いろいろと楽しみながら悪巧み打ち合わせしています。



Comments

post
2008-11-09 23:51 
A.E.G No.1277
というわけでみなさん、また楽しみましょう!
お題は・・・お楽しみに。

それから、遅ればせながら『恐竜の復元』、ようやく買わせて頂きました。
またどこかで感想書きますね。
2008-11-17 13:24 
ふらぎ No.1278 [Edit]
■ A.E.Gさん
とりあえず、主催者特権で2人が
造りたいネタメインでお題が決まるという(笑)。
でも、もう結構決まりつつありますね。

Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。