:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

2008年SVP 最終日

・最終日 その2

最終日の夜はアワードバンケット(食事会&各賞受賞式)。
事前に座りたいテーブル番号を申請するシステムで、
タイラーさんからアーティストが集まる予定のテーブルを
教えて貰っていたのですが、私とcorvoさんが申請した時は
すでに一杯。仕方無く他のテーブルを申請。
ただ、こういう時だからこその出会いもある訳で、
今回隣の席は、ロイヤル・オンタリオ博物館の
プレパレーター。「何が博物館の目玉ですか?」
「恐竜だったらパラサウロロフスかな。良い標本が
あるんだよ。是非遊びに来て下さいよ」
なんて会話を。

と、去年と同じく、アーティストテーブルに空きが出来た
という事で、タイラーさんが私とcorvoを誘いに来てくれたので、
そちらに移動。テーブルにはタイラーさんの他に、デビット・クレンツさん、
ジョン・フィッシュナーさん、ドナ・ブラギネツさん
マイケル・スクレプニクさんが。

食事が終わると授賞式。
R001351700030003.jpg
ポスター発表者の中から一人選ばれる
ポスター賞には、先日このブログでも紹介しました
平沢さんが選ばれました。おめでとうござます!

R001351400010001.jpg
そして、恐竜・古生物アーティストに贈られる
ランツェンドルフ賞の立体部門にはタイラーさんが!


最後の最後は深夜までの打ち上げパーティー。
R001352000050005.jpg

R001352700060006.jpg
「スリラー」踊ってます。

R001353200070007.jpg
アーティスト仲間で記念撮影(corvoさん撮影)。
左からマイケル・スクレプニク、タイラー・ケイラー、
デビット・クレンツ。

打ち上げパーティーでは会期中に使用する
ネームカードを知り合いだけでなく、面識が
無い相手とも交換していくのが恒例。
と、パーティー開始直後に、会期中に何度も
声を掛けてくれた、私の作品のファンだという
マーシャル大・ニック・ガードナーさんから
交換のお願い。もちろんOK、今回は私も
そこで交換はストップする事に。
「専門的な資料・論文は手に入れられるから、
 もし何か必要な時は遠慮なくメールして下さい」と
言ってくれました。
あなたの好きな古生物は何?、と聞いたらワニの仲間という事。
これでワニの情報には苦労しなくなるかな?

私とcorvoさんは翌朝の出発の準備があるので、
まだまだ話は尽きないものの、午前2時で引き上げ。
翌朝、空港に向かう電車では、林原古生物学研究センター・
渡部真人さんと一緒になり、ここでもいろいろと質問。
最後の最後まで恐竜漬けのアメリカ滞在になりました。

次回は今回のSVPの戦利品を紹介の予定。

Comments

post
2008-10-22 12:24 
タツヤ No.1269
ブログを見ていてとてもうらやましく思いました。

これまで学会でアーティストが集まるなんてあんまり知りませんでしたが、今後自分もちょっと視野に入れてみようと思います。
2008-10-22 14:02 
荒木 No.1270 [Edit]
お疲れ様でした。
すごい、うらやましい記念撮影ですね!
またお土産話、聞かせてくださいね。
2008-10-22 23:26 
umr No.1271
コティロリンクス根付けのリクエストが殺到してませんか?
2008-10-23 04:22 
ふらぎ No.1272 [Edit]
■ タツヤさん
是非一緒に行きましょう!
タツヤさんの立場なら、私よりもずっと意義があり、
楽しい集まりになると思いますよ。
研究者の方には哺乳類の作品、結構受けますしね。


■ 荒木さん
>すごい、うらやましい記念撮影ですね!
この撮影の直前、すぐそばをウィリアム・スタウト氏が
通ったんですが、呼び止め損なってしまいました。
デビッド・クレンツ氏とは、同じような
卓上サイズの作品を造る者同士という事で、
ちょっと突っ込んだ話も出来て面白かったです。


■ umrさん
>コティロリンクス根付け
それだ!!、、、リクエストは無いですけど(笑)。
っていうか、そんな事してたら
コティロリンクス以外の私の作品、
皆さん覚えてくれないような、、、。

Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。