:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

2008年SVP 2日目

朝食後は、まずは出店ルームへ。
まだお客が少ないうちに、お目当ての物を
手に入れてしまわなければ!

resize0005.jpg
現生動物の頭骨を扱うディーラーで
物色中の平山廉先生にcorvoさん、その他
日本人チーム。アルマジロやサイチョウ等、
日本ではあまり見ることの無い標本多数。
午後からは、ブリストル大学の坂本学さん
お勧めのスミロドン(サーベルタイガー)に関する
発表を2つほど聴き、ポスター発表会場へ。


ポスター会場入り口では、アパトサウルス後脚が
迎えてくれます。
resize0016.jpg
そして、相変わらずのアルコール飲みながらの
質疑応答。

この日は、クリーブランド自然史博物館で
歓迎パーティー。そしてパーティー会場で行われる
古生物アーティスト・ポスター発表の準備のため、
一足先に博物館へ。
博物館の展示物の紹介はまた後日。
とにかく、素晴らしい展示目白押しでした。

resize0006.jpg
準備終了。大型竜脚類・ハプロカントサウルスの前。
パネル上段corvoさん、下段が私のポスター。

そして、パーティー開始。
resize0007.jpg

私の発表ですが、とにかくコティロリンクスが人気。
今回、声を掛けて下さった方のほとんどが
コティロリンクスがキッカケだったと言って良いでしょう。
resize0009.jpg
resize0010.jpg
何故か女性にも受けが良いのです。
他にも角竜の権威・ピーター・ドッドソン氏や、
私が恐竜以外の古生物の情報源として大変
お世話になっているHMNHのMatt Celeskey氏等など、
多くの方と話をすることができました。
おかげで、パーティー料理を取りに行き、食べる暇が
なかなか出来ないくらいで、見かねて他の日本人参加者の方が
わざわざ料理を運んで来て下さったり。

ちょっと驚いたのは、ポスターを見てくださる皆さんに
先日ここでも紹介したドレパノサウルス・ストラップ
見せて「日本の根付風に造ったんだ」と説明したところ、
学生さん以外なら、ほとんどの海外の方が根付を知って
いたという事。中には、自分も根付が好きで
博物館に見に行ったよ、という方もおられました。
根付は日本より海外のほうが有名だ、と
以前から聞いていましたが、
これほどとは思いませんでした。

ともかく、あの程度の英語力で、よく発表を
乗り切れたもんだ。

resize0011.jpg
こちらでは、タイラー氏やウィリアム・スタウト氏、
そしてもう一人の日本人発表者・菊谷詩子さんが発表。


resize0012.jpg

そして、やはり最後はティラノサウルスの幼体とされている
愛称・ジェーンとタイラーで記念撮影。
このジェーンの頭骨復元と頭部復元模型を制作したのが
タイラーなのです。

3日目に続く。

Comments

post
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。