:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 恐竜・古生物 > 福井県立恐竜博物館2日目

福井県立恐竜博物館2日目

昨日は見学に集中して、画像はほとんど
撮っていないので、この日はガッチリ資料になる画像を
撮りまくる事に。

個人的に熱かったのは、
08091601.jpg
ムッタブラサウルス・イグアノドン2種、
オウラノサウルス・プロバクトロサウルスの
イグアノドン系展示。
イグアノドン&その近縁種がこれだけ
並んで見れるのは、世界でもあまり類がないかも。
これは、福井で見つかり、復元全身骨格が
この博物館に展示されているフクイサウルスが
イグアノドンの仲間なので、この並びなんでしょう。
ムッタブラ、イグアノドン、オウラノは
直接見てみたい恐竜だったので、かなり嬉しい。
あとはアルティリヌス(旧イグアノドン オリエンタリス)の
全身があればなぁ。
Mk2、Z、ZZと来て百式がいねぇ、
GP01、02、03、と来てガーベラ・テトラがいねぇ、って感じ?

08091602.jpg
ムッタブラサウルス。
なんか、ムッタぶってます。

08091603.jpg
オウラノサウルス。
背中に肉食恐竜・スピノサウルスと同じような
大きな帆がありあます。
もちろん、こちらは植物食です。


恐竜全身骨格展示風景
まずは竜盤目サイド
08091609.jpg

こちらは鳥盤目サイド
08091608.jpg



08091604.jpg
こちらは、ルーフェンゴサウルスの
ちょっとセクシーはバックショット。

08091605.jpg
プラティベロドン萌え。
下顎がシャベルのように突き出した象。
恐竜以外の古生物の展示も充実しています。


これは小田さんのオススメなのですが、
この博物館の見所の一つは、植物層の展示。
各時代の植物に関する解説・展示が
かなり充実しています。一般書等では
なかなか情報が少ない部分なので、非常に参考になります。
ジオラマも多用しているので、ビジュアル的にも
判りやすい。
もちろん、荒木一成さん製作の復元模型も
見逃してはいけません。当然、お土産には
荒木さん原型の博物館公式フィギュアを
買うのが作法というものです。


さて、帰路。バス停に行くと、もうすでに相当な人数が
待ってます。おまけに来たのはマイクロバス。
なんとか全員乗れたものの、今度はバスが
連絡するはずの電車の時間に間に合わず。
ここらへんは、もうちょっとどうにかなりませんかね~。
そういや、前日も勝山駅からの連絡バスが
電車がつく前にすでに満員、電車をまたずに
先に発車してしまったせいで
こっちは次のバスを待つ事になったんだし。
ま、その御陰でいろんな方と知り合えたし、
それはそれで結果オーライすかね。

08091606.jpg
勝山駅前を流れる、クトゥルーもとい九頭竜(くずりゅう)川。
ふんぐるいで、ふたぐんな景色です。


次回こそはサンダーバードに乗るんや!

Comments

post
2008-09-16 09:37 
荒木 No.1234 [Edit]
さりげなく宣伝、ありがとうございます。
ふらぎさんが恐竜博物館初体験とは意外でした。
私はもっぱら車で行きますが、乗り継ぎの悪い列車も、旅情があっていいかもしれませんね。
2008-09-18 10:22 
ふらぎ No.1238 [Edit]
■ 荒木さん
恐竜博物館は、開館からしばらくは
標本の写真撮影が出来なかったので、
それで行かなかったんですよね。
今はもう撮影OKです(フラッシュ・三脚は禁止)。

しかし、毎日が作品展と言って良いくらいの数の
作品が展示されてますね~。
出来れば、もう少し近くで、かつ明るい照明で
見たかったですが。
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。