:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 恐竜・古生物 > 北海道 その4

北海道 その4

29日
北海道最終日。
この日も北海道大学へ。
前日は閉館日だった総合博物館を見学。
望月さんも同行、展示標本の解説をして下さいました。

0804301.jpg
現生動物骨格標本展示室

0804302.jpg
古生物室
左からニッポノサウルス・デスモスチルス・
マチカネワニ

0804303.jpg
パラサウロロフス
昔から見たかった標本なので、
結構嬉しい。

0804306.jpg
アショロアくん。
妙に可愛いので、私も望月さんも「くん」付け(笑)。
北海道・足寄(アショロ)産の標本で、
デスモスチルスの先祖になる動物。

0804304.jpg
ミュージアムショップにて。
小林先生監修・荒木一成さん原型制作の
ディプロドクス骨格模型が小林先生のイラスト付きで
紹介されてました。

0804305.jpg

corvoさんこと小田隆さん画の
「モンゴル大恐竜」の表紙も飾ってありました。

途中からは魚竜・ウタツサウルスの研究をされている
相原大介さんも合流。

0804307.jpg
博物館ではなく、理学部棟のロビーに
展示されているグリッピア。
存在を知らないと、北大まで来ても
見逃してしまいます。

0804308.jpg
素人にはまず判らない、後肢の場所を
相原さんに指し示して頂くの図。
こういう事は専門家と一緒だからこそ
お願い出来る事ですね。

0804309.jpg
北大学食でソフトクリーム。
ここのソフトクリームはセルフサービス、
自分で巻き巻き作業です。

という事で、北海道取材旅行は終了。
北海道は日本の中でも古生物関係の
施設が多い地域。また機会があれば
今回訪れた沼田・札幌を含め、さらに
もっといろいろな場所を回ってみたいですね。
お世話になった沼田町・北大の皆さん、
ありがとうございました。

Comments

post
2008-05-01 09:46 
つきしろ No.1114 [Edit]
アショロアくんが、あまりにもかわいいので、思わずコメントを。
足(脚ではなく足)の骨の形が面白いですが、復元するとどんな形になるのでしょう。
骨だけでもかっこいいですが、骨を見ながら、生きていた姿を想像するのは、素人であっても興味を覚えます。

ソフトクリームを巻き巻きしているのは、ふらぎさんなのかな?
2008-05-01 17:17 
荒木 No.1115 [Edit]
相変わらず精力的ですね。
6日もこの調子で頼んます。
パラサウロの下にある、ちっちゃいモデルがすごく気になる。
ディプロの紹介、ちょっと嬉しいです。
2008-05-02 07:01 
A.E.G No.1116
またまたいい経験をされたようですね。
館としても案内しがいのある見学者でしょうし。
どちらの立場としても見習わなくちゃ。

ソフトクリームって難しくないですか?
2008-05-02 07:08 
ふらぎ No.1117 [Edit]
■ つきしろさん
アショロアくん、復元図はこんな感じです。
http://www.museum.ashoro.hokkaido.jp/image/ashoroa.jpg
このアショロアくんの復元の元になっているのは
デスモスチルス・犬塚復元と呼ばれている物なのですが、
このデスモスチルスの復元の変移は非常に面白く、。
つきしろさんご指摘の足がまさにポイントの部分。
http://www.museum.ashoro.hokkaido.jp/html/t-2.html
各研究者の説による復元が紹介されています。

骨から生体を想像するために少しでも
知識を得れば、また今度は骨格を見る目が
変わり,面白くなってきますね。

>ソフトクリームを巻き巻きしているのは、ふらぎさんなのかな?
そうです(笑)。初めての割には、結構上手く出来たんですよ。


■ 荒木さん
折角の機会だし、知り合いも何人かいるから
北海道で纏めて会っちゃえ! っていうようなノリで。
精力的ってより、ただのミーハーな感じですよ。

模型は、北海道在住の恐竜倶楽部会員の方の作品。
製作者の方の名前をメモするのを忘れちゃったんです。
2008-05-02 23:33 
ふらぎ No.1118 [Edit]
■ A.E.Gさん
専門家・関係者の方にじっくり展示物を
説明して頂けるのは役得だな、と
思う一方で、もっといろんな方にも
聞かせたいなとも。

今回の沼田町・北大もそうでしたが、
施設の関係者の方が説明されると、
展示物に愛着のある話し方をされるのが
微笑ましいです。
2008-05-04 00:36 
corvo No.1120 [Edit]
北海道、いまだ僕は未踏の地です。
ソフトクリームに対するおっかなびっくりさ加減を見ていると、螺旋力の足りなさを感じます。
次は是非、天を突くソフトクリームを!
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。