:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > その他 > 京大でタイ料理

京大でタイ料理

24日、とある集まりのために京都大学へ、、、、
のつもりが、現地で集まりに合流出来ず。
しばらく付近を彷徨うもそれらしい人たちも
見つからず。
そちらへの合流は諦めて、折角京大に来たんだから
挨拶だけでもして帰ろうと、疋田先生の研究室へ行くと、
「お、今、ちょうど出来た所ですよ。
食べて行きませんか」と


080425.jpg

トムカーガイ。「カー」の発音がちょっと難しい。
タイから来たばかりの留学生の方が
研究室の皆さんに作ったそうです。

アポ無しで伺ったにも関わらず、疋田先生や
研究室の皆さんとの会話が面白くて、
ついつい長居。普段、研究者や学生さんというと
古生物関係の方がほとんどなので、現生動物が
専門の方との話は、いつもとは違う面で興味深い事ばかり。
また、皆さん、私のような素人の考えや
質問にも熱心に答えて下さるので、楽しいですし
もちろん勉強にもなります。

さて、明日からちょっと遠出です。
出先からブログ更新出来るかな?

Comments

post
2008-04-26 17:42 
A.E.G No.1102
トムカー美味しいですよね(笑)。

古生物のことを考えるには、現生動物の知識は必要不可欠でしょうね。
分野は違いますが、考古学でも「縄文、縄文」とそればかりやっているよりも、「弥生や古墳も」という姿勢で居た方が得るものが多いと感じるようになりました。
今更ですが。
2008-04-27 16:15 
ふらぎ No.1103 [Edit]
■ A.E.Gさん
トムカー、タイな感じな味でした。

>「弥生や古墳も」という姿勢で居た方が
>得るものが多い
違う視点で見る事が出来るほうが、
いろいろ面白いんですよね。
でも、自分で全部勉強するのは大変ですから、
機会があれば専門家の方に遠慮なく
聞くようにしていますし、
そういう機会を出来るだけ逃さないように
しています。
自分では「こんな初歩的な事、聞いちゃダメかな」
と思っても、皆さん真剣に答えてくださりますね。
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。