:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 恐竜・古生物 > 茨城県博企画展「化石はたのしい!」

茨城県博企画展「化石はたのしい!」

15日、茨城県自然博物館で開催の
企画展「化石はたのしい!」初日内覧会へ。
この企画展には、復元模型制作・展示で
関わっているのです。

骨質歯鳥類(オステオドントルニス)、
復元模型コーナー
08031501.jpg 08031502.jpg

08031503.jpg 08031514.jpg
今回の展示のために制作した模型だけでなく、
制作途中や、検討用スケッチ、資料調査中の
様子まで紹介されています。
こういう展示に使われるとは知らなかったので、
緊張感の無い顔で写っております(笑)。
おまけに復元模型の横に、資料として使用した
コアホウドリの翼の剥製を並べるという、
造形師泣かせの展示。
右下は、復元模型の画像を拡大して作った
実物大タペストリーと記念撮影。
展示関係者という事で、胸にお花が咲いてます。


08031505.jpg 08031506.jpg
ティラノ復元の新旧展示。
右は、今回の為に制作した旧復元ティラノ。
3本指です。
ニューヨーク・アメリカ自然史博物館の
昔の展示をベースに、当時の復元方針を折り込み、
かつ「誰某の復元画風」ではない、私オリジナルの
旧復元を、というのがコンセプト。


08031508.jpg 08031509.jpg

08031510.jpg 08031511.jpg
左上 ブラキオ&マメンキ
右上 マメンキ全身骨格と。
左下 カルノタウルス
右下 カルノタ全身骨格と。


08031512.jpg
私の作品の画像を使ったパズル。
子供が結構楽しんでくれてました。
こういう風に作品を使ってもらえると
嬉しいですね。

以上が私が関わった展示。


08031513.jpg
こちらは、フタバサウルス産状再現。
未発見部位は、白色で復元してあります。
俗に「全身骨格」と言われてる物がどういう
状態で見つかるのかが、日頃あまり化石に
馴染みの無い方でも判りやすい、良い展示です。

その他、古脊椎動物関係の展示としては、
今話題の丹波竜、日本初公開ギガントラプトル等
盛り沢山。
常設展示も非常に充実している
博物館ですので、これを機会に是非。
ミュージアムショップでは、今回の企画展期間限定
RC GEAR製ティラノ頭骨シルバーストラップ
販売中ですので、これもお見逃し無く。


今回、骨質歯鳥類制作に当たっては、
可能な限りの資料を集めて下さった茨城県博・国府田良樹先生、
骨質歯鳥類の論文執筆者で、今回の復元の監修者の
京都大学・松岡廣繁先生を始め、
バードカービングの鈴木勉さん
マイミクで鳥についての知識豊富なたかさん、
そのたかさんを介して直接では無いですが、鳥類イラストで
著名な箕輪義隆さんに様々なアドバイスを頂きました。
毎度おなじみ、corvoさんこと小田隆さんからは
羽毛の塗装用に、とオススメの筆を頂いたりも。
今回の作品に関わるまで、鳥についてはほとんど
知識が無く、また本格的な羽毛造形の経験が
無かったので、皆さんのアドバイスが無ければ、
絶滅鳥類の復元として全く成立しない結果になって
いたように思います。
そこが、古生物復元の難しいところなんですが、
難しいが故にいろんな方と話し合って、そこから
また人の繋がりが出来る。それが古生物復元の
面白さだとも思いますし、それを実感出来る経験でした。

っていうか、これで羽毛恐竜、
ちょっとは自信もって造れるぞ!

Comments

post
2008-03-17 23:19 
荒木 No.1052 [Edit]
ふらぎさん、素晴らしい活躍ですね。
苦労した分は自分の血肉になります。
せっかくですから、恐竜やめて、絶滅鳥類専門に転向されてはいかがですか?
2008-03-18 17:47 
umr No.1053 [Edit]
以前から気になっていたのですが、骨質歯鳥類の歯は折れたり抜けたりしたら生え変わるんですよね? 翼竜の嘴も基本的には同じ構造なのでしょうか?
質問ばかりですみません。

、、、荒木さん恐い。
2008-03-18 22:14 
A.E.G No.1054
ついに展示ですね。本当に素晴らしいご活躍。
絶滅鳥類専門家は少ないと思うので、ぜひ頑張って下さい(笑)。
それにしても、あの羽毛表現はお見事です。
2008-03-18 23:49 
ふらぎ No.1055 [Edit]
■ 荒木さん
ありがとうございます。
最初にお話を頂いた時は、
「鳥は無理です!」ってお断りしたんですが、
結果的に引き受けて良かったです。

絶滅鳥類は、やっぱりバードカービングの
スキルを持つ方にやってもらうべきかなと
思います。


■ umrさん
骨質歯鳥類の「歯」はクチバシの縁が
尖って「歯」のようになっているいるので、
一般的な動物の「歯」とは根本的に違います。
折れたら再生するのか、はちょっと判りませんね。

荒木さんのは、いつもの事です。
アレを言われないと、逆に不安になるくらいで(笑)。



■ A.E.Gさん
絶滅鳥類模型の専門家以前に、古生物造型の
専門家すら、まだ少ないじゃないですか。
でも、絶滅鳥類だけでなく、魚類、哺乳類等とと
恐竜以外が得意分野、という方が現れてくれると
嬉しいですね。
2008-03-19 00:32 
飛車 No.1056
鳥、楽しみですね
近いうちに見に行きますよ
ギガントラプトルってこの間見つかったアレですよね!?
見てぇーーーー!!!!!!
2008-03-19 07:44 
ふらぎ No.1057 [Edit]
■ 飛車さん
>近いうちに見に行きますよ
常設展示場から、カルノタ・マメンチの
全身骨格を上から見下ろせるポイントが
あるので、行かれるなら是非お忘れなく!

ギガントラプトルは見つかった部位の
一部の展示です。
足を見たら「デケー!」って驚きますよ。
2008-03-19 17:17 
umr No.1058 [Edit]
>一般的な動物の「歯」とは根本的に違います
なかなか鳥の事まで調べきれなかった物ですから勉強になりました。ありがとうございます。

>カルノタ・マメンチの 全身骨格を上から
超~魅力的ですね♪
茨城県ですか、日帰りで行けるかなぁ、、
2008-03-20 11:55 
ふらぎ No.1059 [Edit]
■ umrさん
骨質歯鳥類は、歯の部分以外でも、他の鳥と比べて
変わったところが多く、かつ特に一般書では
あまり言及されない動物なので、
古生物に興味のある方でも知らない方が
多いと思います。私も、今回の依頼を頂くまでは
全く知りませんでしたし。

脊椎・尾椎に特徴のあるカルノタを上から
見られるのは美味しいですよ。
2008-03-24 08:02 
骨王 No.1060 [Edit]
コメント出遅れもいいところなのですが、、、

おお、これはあの僕が(しかも夫婦で)ずうずうしくもご一緒させていただいたあの打ち合わせの件じゃあないですか。
完成おめでとうございます。
見に行きたいなあ。

ところでこういうモデルって企画展終了後はどうなるの?
2008-03-24 08:36 
骨王 No.1061 [Edit]
>荒木様

読んでいらっしゃいますでしょうか?
骨王、またの名をMASABONEで御座います。
実はcorvoさん経由でいろいろな方とお会いさせていただきまして、ふらぎさんともすでにマブダチで御座います。(笑)

さらにあろうことか現在ささやかながらお仕事もご一緒させていただいたりもしております。
これで僕も恐竜業界人でございます。
わーい。
とりあえずこの場を借りてご挨拶。
2008-03-25 06:33 
谷月 No.1062 [Edit]
お久しぶりです。名前の変わった夜月です。

「化石はたのしい!」見てきました、ギガントラプトル目的だったのですが他の展示もかなり豪華でかなり楽しめました。

ふらぎさんの作品を生で見た事がなかったのでこちらでも相当「おぉっ!」と感動、小さな子供達もティランノサウルスの新旧復元をかじりついて見てる子もいましたよ。

当初の目的だったギガントラプトル、大きいですね。足だけでアロサウルス並の大きさはあるんじゃないでしょうか。
いつか見つかってない部分も合わせた全身復元もちょっと見てみたいなあ。
2008-03-25 23:42 
ふらぎ No.1064 [Edit]
■ 骨王さん
出遅れコメント、全然構いませんよ!

そうです。あの時のアレです。でもって、あの後の飲み会、
あれも大きな転機でしたね。まさか骨王さんと同じ仕事に
関われる事になろうとは。

>ところでこういうモデルって企画展終了後はどうなるの?
今回のモノに関しては、一旦こちらに戻って来て、
その後はまだ未定です。博物館のご都合もあると思いますし。

>ふらぎさんともすでにマブダチで御座います。(笑)
遠距離マブダチっす(笑)。


■ 谷月さん
現地に行かれたんですね。
ありがとうございます。

今の子に、旧復元ティラノって
どう思われてるんでしょうね。
私の子供の頃は、まだ現役の復元でしたが。

ギガントラプトル全身は見たいですね。
ただ小型の近縁種を大きく拡大するのではなく、
大型故のバランスの違いが有れば、そこが見たいです。
もっと他の部位が見つかれば良いんですが。
2008-03-26 08:58 
谷月 No.1066 [Edit]
ふらぎさんの作品は生で見たいと思っていたので嬉しかったです。

〉ティランノサウルスの旧復元
どうなのでしょう…もしかしたら今の子供達には別の恐竜として映っていたかもしれません。

私の子供の頃も全盛期の復元でしたが昔の復元って姿勢もそうでしたが体表の描き方も今よりも両生類的なヌメッとした感じだった事を覚えているのですが…私の持ってた図鑑だけでしょうか?

ギガントラプトルは頭はは下顎しか見つかってないんですよね、頭骨自体の復元をインゲニアのようにトサカのないものにしていましたが実際の所どうだったのでしょう。今後新しい発見がある事に期待します。
2008-04-17 18:33 
荒木 No.1092 [Edit]
骨王様、こちらも、出遅れの返事ですみません。
corvoさんもブログで読んでいました。
お忙しいと思いますが、また、骨サイト復活させてください。
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。