:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 恐竜・古生物 > 「日本のモササウルスと海のなかまたち」

「日本のモササウルスと海のなかまたち」

3/2
きしわだ自然資料館で開催の
「日本のモササウルスと海のなかまたち」に参加。
講演は、林原古生物学研究センター所長・鈴木茂先生。
モササウルスにだけ特化した講演というのも、相当珍しいはず。
私も、モササウルスといえば、属レベルでの
形態や大きさの違いくらいは漠然と知っていたものの、
今回の講演で、よりしっかりとした系統関係を学ぶ事が
出来て、今後モササウルス類を制作する時にも大変参考になりそう。

思いのほか、モササウルスの講演が早く終了という事で、
鈴木先生の提案により、急遽、林原古生物学研究センターの
モンゴルでの恐竜化石発掘調査についての講演が追加。
紹介された現地の画像には「おお! あれは!」
な標本もあったりで、かなりお得な講演になりました。


さて、きしわだ自然資料館といえば、チリメンモンスター
08030801.jpg
そのチリメンモンスターの小冊子が完成しました。
自然資料館の名物出し物「チリメンモンスター捜し」は、
主に大阪府下各所に出没しております。
もし機会があれば、是非ご参加を。


08030802.jpg
こちらは、自然資料館で販売中の、鉱物マンガ
「もっと!鉱物を楽しみたい」。
先のチリメンモンスターの表紙イラストを描かれた
露猫綾乃さんによる本。ただいま全6巻が発売中。
鉱物でこれだけネタが続くのがスゴい。

きしわだ自然資料館において、約三ヶ月おきに開催している
古生物関係の企画、次は私の出番になります。
また、詳細決まりましたら、ここで紹介しますので。

Comments

post
2008-03-11 22:19 
A.E.G No.1046
モササウルス類、いつかは作ってみたいですが、なんか体表の化石とかってないですかねぇ?
チリメンモンスター・・・なるほどそういう意味なんですね。確かに昔、カニっぽいのとかタコっぽいのに心ときめかしていました。
やりますか、「チリメンモンスター大会」!(ウソウソ)
2008-03-13 10:43 
ふらぎ No.1048 [Edit]
■ A.E.Gさん
>なんか体表の化石とかってないですかねぇ?
それに近い話題は、講演の時も出たんですよ。
その時、説明されてたのが、鈴木先生と、
去年アメリカで開催されたモササウルス学会に
参加された谷本さんという、日本に数少ない
モササウルス専門のお二人。
やっぱり、系統関係から類推するのが、
一番妥当なようです。直接証拠は無いみたいですね、
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。