:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

SVPレポート その6

夜はオークション。参加者なら誰でも出品できますが、
売り上げは学会に寄付。せっかくSVPに参加するのだからと
急遽複製を取った1/48アロサウルスの完成品を2体出品。
オークション方式は2つ。サイレントオークションは
品物と一緒に置かれた用紙にどんどん値段を書き入れて
いく方式。残り時間のカウントダウン中まで
入札OKなので、複数の落札希望者がいると、
制限時間終了直前は用紙の前で激しい
駆け引きが行われることに。
一方、ライブオークションに品物が選ばれると、
観客が手を上げて競り合う事に。
20061022075656.jpg
サイレントオークション中の会場は人でいっぱい。
品物を見て回るだけでも大変。

アロ2体は結局2体とも30ドルで落札。
ガレージキットの完成品としては、とても釣り合う
値段じゃないのですが、落札希望者が
カウントダウン終了まで、他の希望者が現れないかと
作品の前で見張り続けるくらい熱心だったので、
行くべきところに作品が行ってくれるならと納得。
まぁ、他のアーティストの作品も
それほど良い値はつかなかったので、あくまで
寄付目的の相場というのがあるのでしょう
(と、負け惜しみを言っておきます)。
ちなみに、1体は前述のT. Michael Keesey氏による落札でした。

corvoさんは御自分の作品の版画を出品、
ライブオークションに選ばれたので、見学する事に。
corvoさんのブログによると、去年のライブオークションでは
オークショニアがダースベイダーのコスプレだったそうですが、
今年は007&その他で登場。
20061022080243.jpg


2階席からオークションを見ていると、近くに
タイラー氏が。corvoさんの作品の出番まで
ちょっとヒマだったので、タイラー氏のところへ。
「昨日の夕食の時は、ずっと怪獣映画の話をしててさ」
と話を切り出すと、タイラー氏の話が止まらない!
かい摘んで紹介すると

・「『ガメラ2』最高だよね!」「レギオン、カッコイイよな!」

・「偉いヤツが人をいじめて、それを
 沢山の幽霊が助ける映画って知ってる?」とタイラー氏。
 「う~~~~ん、なんだろう、もっと何か情報ない?」
 「え~と、あんなでこんなで(この間約3分)、、、
  、、、、そうだな~~~~~、ゴーストの1人が傘の形で」
 「って、アンタそれ『妖怪百物語』やん! なんでそんなの
  知ってんの?」

・「2002年に恐竜博のために日本に行った時さ、
  東京のトイショップで宇宙猿人ゴリのフィギュア買って
  嬉しくってね~」
 「おいおい『スペクトルマン』かよ、、、、」

・「じゃぁ、アメリカのモンスタームービーでは何が好き?」
  と聞くと
 「エイリアンシリーズは全部好きだよ。それと『物体X』とか
  『ハウリング』とか『狼男アメリカン』!」
  「、、、、、、、(コイツ、スゲェな)」

さらに驚いた事は、タイラー氏、1972年生まれの33歳で、左利き!
「うわ~、俺も33だよ、73年生まれだけど。しかも左利き。
 俺の友人で凄腕の怪獣原型師がいるんだけど
 彼も73年生まれで左利きなんだよ。
 あんた、また日本に来なよ。その友人と3人で怪獣話しよう!
 良いオモチャ屋・模型屋にも連れてってやるよ!」と言うと
「嬉しいな~! その時は、3人で一緒に造形もしようよ!」
 とタイラー氏。
結局、約1時間半、立ちっぱなしでギッチリ怪獣話。
昨晩といい、オタワまで本当に何しに来てんだ、俺。

あ、corvoさんのオークションですか?
すいませんが向こうのブログ見て下さい。
ただ、作品の1つ、ティラノサウルスの頭部の
イラストのオークションで最後まで競って負けたのが
ティラノ研究で著名なホルツ氏だったことを
付け加えておきます。
(corvoさんの見学の位置からは、博士の入札が
 分からなかったそうで)。
タイラー氏と
「お、ホルツ博士頑張ってるよ。好きだねぇ。
、、、、、、、、、、あ~~~~~諦めちゃったぁ」
なんて盛り上がってました。

さて、明日はいよいよ最終日!

Comments

post
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。