:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト 恐竜・古生物 > 古生物ネタ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古生物ネタ 

●先日、一般発表になったニジェールサウルス
頭骨&復元模型は、このブログでもお馴染みの
シカゴ大学・Tyler Kellorさんによるものです。
5月にシカゴ大学へお邪魔した時は実物も見せて貰いました。
去年のカナダ・オタワ開催のSVPで、ニジェールサウルス頭部模型の
制作工程の口頭発表をしていたので、模型自体は1年以上前に
完成していた事になりますね。

「世界まる見え」で、ティラノサウルスの亜成体とも言われている
愛称・ジェーンが紹介されていたそうで。
私は見逃しちゃったんですが、
そのジェーンの頭骨&頭部生体復元を制作したのもタイラーさんです。


2007.11.29.jpg

これは、タイラーさんに頂いた
ジェーン頭骨復元工程を記録したDVD。
シカゴで、タイラーさんの奥さんオススメの
インドカレーを食べながら、ジェーンの復元模型制作の
苦労話をいろいろ聞いたんだよなぁ。


古生物ネタ、次回に続く。

Comments

post
2007-11-30 12:37 
まがね No.895 [Edit]
その「世界まる見え」見ました。
頭蓋骨をCTだったかレントゲンだったかで見て、脳その他が既出の連中と全然違ってるが、一体の標本だけで論じられないからもっと出ちゃってよというようなことを言っていたようなないような。
それにしても、こういうのには何故ありがちな女の名前がつけられるのか。

ところでタイラーさんて、外国人だったんですね。
日本人だと思いこんでました。
何だかがっかり。

講演、がんばってください。
やはり造形のコツは対象への愛だと思いますので、これまでにやらかした恐竜に対する盲目で愚かなまでの行為を熱くお話になるのがよいかと存じます。
2007-11-30 12:48 
umr No.896 [Edit]
ニジェールサウルス自体も興味深いのですが、三半規管で頭の角度が分かるのが何より凄いなと思います。基本姿勢を考える上での大ヒントですね。
マメンチサウルスの三半規管も分かるといいなぁ、、
2007-11-30 23:41 
ふらぎ No.897 [Edit]
■まがねさん
大筋、合ってると思いますよ>「世界まる見え」
幾ら完全な骨格が見つかっても、それが
その恐竜の中でも特に変わった個体である
可能性もある訳で、やはり数見つかるのは
重要なんですよね。

>ありがちな女の名前がつけられるのか。
化石の質・数ではなかなか対抗するのが
難しい日本としては、別方面から頑張ってもらって、
他国で見つかった有名恐竜化石の愛称に
Ayanamiとか付けて貰えるようにするとか。
シネミス・ガメラなんて学名の化石亀も
いるんですから、案外無理でも無いかも。

講演は、恐竜・化石好きの良い子も
多いと思われますので、あまり妙な影響を与えないよう、
それなりにキチンとした大人を演じますよ。


■umrさん
マメンチは、頭骨の形で見てカマラタイプに
するのが無難かな、とか思います。
首の構造とか系統関係考え出すと、
もう分かんないですね。

マッソスポンディルスの頭部が若干上向き、
ってのも面白いです。
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。