:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 学会参加(海外) > SVP(古脊椎動物学会) > 2007SVPレポート 3日目その1

2007SVPレポート 3日目その1

朝食後、業者出店コーナーへ。

2007.10.19.1.jpg
専門書・古書・標本等の販売業者が
並んでいます。

2007.10.19.2.jpg
ノスロニクス(テリジノサウルス類)の
全身骨格。もちろん複製で、価格は
42000ドル(約480万円)。
で、この業者さんで、、、、、
2007.10.19.3.jpg
買っちゃった。アロサウルス左手、複製170ドル。
真ん中の指で長さ約40cm、全体で結構な大きさなのですが、
パーツ分解出来るのでコンパクトに纏まります
(じゃ無かったら、持って帰れない)。


ポスターセッション会場へ。
午前中ということで、まだ見学者はほとんど
いない状態。一つ一つゆっくり見ていると、
平山先生から
「これは絶対見ておかないとダメだよ!」と呼ばれて
そちらに行ってみると、確かにとんでもない発表が!
実は、前日にウィリアム・スタウト氏からも
「明日、ポスターでスゴい発表があるよ」
と言われていたのです。
平山先生、corvoさん、私、そして
そこにちょうど通りかかった、
サイエンス・イラストレーター・菊谷詩子さん
加わって、ディスカッション。


昼食は、平山先生のご友人で化石・現生カメ
が専門のIgor G. Danilov氏とご一緒する事に。
2007.10.19.4.jpg
ロシア人のDanilov氏の英語は、非常に
丁寧で判りやすいのですが、やはりいかにも
ロシア人な訛があり、それがまた聞いていて楽しい。
世界中から参加者が集まるSVPを実感します。


再び、ポスターセッション会場へ。
2007.10.19.5.jpg
例の発表をまたチェック。
今度は発表者の方がおられたので、
いろいろと質問、、、、、したいのですが、またもや
英語が不安なので、居合わせた京大・霊長類研の
荻野さん
に通訳をお願い。
この日、会場で会って話をしたアーティストは
皆さん、この発表の事を話題にしていました。

2007.10.19.6.jpg
一番左がcorvoさん、次がウィリアム・スタウト氏、
右端ラッセル・ハウレイ氏
(女性は何者か判らなかったのです。エラい人だったら
どうしよう)。ハウレイ氏のイラストは
アメリカの恐竜雑誌『Prehistoric times』等でお馴染み。
博物館の仕事も担当されています。
作品ファイルを見せると、ズンガリプテルスの前肢の
向きを誉めてくれたり、トリケラの口に頬が無い所を
注目したりと、流石に見るポイントがマニアック。
またスタウト氏に結構キツいツッコミを入れ、それに
スタウト氏も笑って受け答えする所に、
明るいハウレイ氏の人柄が感じられました。

3日目の記事、次回に続く。

Comments

post
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。