:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 学会参加(海外) > SVP(古脊椎動物学会) > SVP2007 レポート 2日目

SVP2007 レポート 2日目

テキサス、蒸し暑いです。
北米=湿度が低くて過ごしやすい、という
先入観があったので、ちょっとビックリ。

この日の午前中は、corvoさん、平山先生と
共にテキサス大学内のテキサス記念博物館へ。

2007.10.18.1.jpg
博物館前のスミロドン。
小さくして持って帰りたい出来の良さ。


2007.10.18.2.jpg 2007.10.18.3.jpg
入館すぐのホールには、ケツアルコアトルス。
恐らく、現在日本で開催中の翼竜展に
展示されている物と同じ標本だと思いますが、
ポーズや色の違いのせいか、なんとなく
シャープな印象があります。

地下1Fが古生物展示。

2007.10.18.4.jpg 2007.10.18.5.jpg
ロンゴスクス(アエトサウルス)
同じアエトサウルスのデスマトスクスを
造りたくても良い資料がなく困っていたので、
この立体骨格を観れたのはとても嬉しい。
  
2007.10.18.6.jpg 2007.10.18.7.jpg
左 ブエッテネリア(両棲類)
右 フィトサウルス頭骨3体
  真ん中の刎部の先のみの標本がポイント。
 「これ、全身復元したらどれだけデカイんだろう」と話題に。


2007.10.18.e.jpg 2007.10.18.e.u.j.jpg
エリオプス全身&上顎裏側
エリオプスの全身は良くありますが、
上顎の裏側を見せる展示は非常に珍しいです。


2007.10.18.p.t.jpg 2007.10.18.d.jpg
左 ペルム紀・三畳紀展示
右 恐竜展示


2007.10.18.mosa.jpg 2007.10.18.hall.jpg
左 モササウルス
右 古生物展示室

あまり広くは無い建物の中に
地味ながらも興味深い展示物が充実。
加えて、平山先生の解説付きなのが贅沢。
一つ一つ、丁寧に説明して下さいました。


2007.10.18.lu.jpg
博物館見学の後は、ピザを屋台で購入、
大学構内の芝生で昼食。

午後はポスターセッション。
お馴染みタイラー氏に、フィールド博物館見学の
時にお世話になった新谷さん、オクラホマで
お世話になったサム・ノーブル博物館の
カイル・デービス氏の発表が横並びに。

他の発表もざっと目を通してみますが、
面白そうなネタを見つけても、英語力不足で
なかなか理解出来ない事が多く、もちろん
質問なんてとても出来ません。
口頭発表と違って、ポスターはじっくり時間を
かけて見る事が出来るだけに、判らないと
余計に悔しい思いをします。
会場内は当然、アーティストも多くいる訳で、
ポスターの発表者自身に話は伺えなくても、
アーティストとその発表を元に意見交換
出来るくらいにはなりたいですねぇ、、、、、。

夕食は、corvoさんと2人で出かける事に。
特に目当ての店もなく、とりあえず街に出て
どこか捜そうとホテルを出た所で、先ほど
ポスター発表をされていた新谷さんとバッタリ。
新谷さんが前日の夜に行ったという
オススメのお店へ行き、これまた新谷さん
オススメのメニューを注文。
美味しかったです!

>「世界の恐竜博物館見聞記」ホームへ

Comments

post
2007-10-20 03:17 
ちぺくえ No.825 [Edit]
テキサスってオルドヴィス紀の砂岩層から鉄製のハンマーの化石が出たとこですよね。
博物館もアレでしょ、「恐竜と人間の足跡が並んでるとこの化石」とか「三葉虫を踏み潰したサンダルの化石」とか展示してあるんでしょ?
2007-10-20 08:42 
ふらぎ No.826 [Edit]
■ちぺくえさん
無いっちゅうに!
学会プログラムの近場のオススメ施設リストにも
入ってなかったですよ。
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。