:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > その他 > 関ヶ原ウォーズ!!

関ヶ原ウォーズ!!

30代のガンプラモデラー達よ!
関ヶ原ウォーズ、覚えてるよなっ!(握り拳震わせながら)。

ここ数年、忘年会でお世話になっている
荒木一成さんのご友人方の飲み会に
出席させて頂いたのです。
今回は総勢10人以上の大人数。
そして、その中には、あのストリームベース・小田雅弘さん、
ベテランMH超絶マイスター・生嶋毅彦さんがっ!
もちろん飲み会レギュラーメンバーの荒木さん、
速水仁司さんも! 凄過ぎて血ぃ吐きそう。

小田さん、速水さん、そしてお亡くなりになられた
小沢勝三さんといえば、『プラモ狂四郎』に実名で登場。
また、狂四郎のライバル・サッキー竹田との
決着戦・関ヶ原ウォーズにて「グレートモデラー」
として立ち会われた方々ですよ。
現実と虚構がごっちゃになって、思わず
「丸山健が正体現した時って、現場でビックリしました?」
等と口走る始末(嘘)。

「実は、サイン貰っちゃおうかと、『プラ狂』の単行本
 持って来たんですけど、やっぱ失礼ですか、、、、」
と何気に生嶋さんに話すと、
小田さんが近くに来られた時に、すかさず
「ホラ、サインしてもらわなきゃ、 行っておいで!」

あの小田にたった数分でサイン入れさせる
ところまでしちまった! すごいぜ!生嶋は!(『FSS』3巻 P53)

小心者の私の背中を押して下さった生嶋さんに感謝です。
小田さんは、温厚で紳士で、それでいて情熱と知識は
溢れるばかり、まさに『プラ狂』の小田さん、そのままと
いった感じでした。


2007.9.8.jpg

と、いうことで、小田雅弘さん・速水仁司さんの
『プラ狂』初登場シーンにサイン貰ってしまいましたよ。
ついでに、たまたま当時事故で足を骨折したというだけで、
劇中で悪者に足を折られる役で出演した
(しかも本人とは似ても似つかない)荒木さんにも
サインを貰ってしまったのでした。
それを横で見ていた速水さん曰く
「キミは、最低の弟子やな~!(笑)」
過去に戻れるなら、コミックボンボンを読んでる頃の
自分に会って、
「将来、この速水さんに「キミは荒木の最低の弟子だ」
 って言って貰えるようになるから、頑張れよ」
って励ましてやりたい。

ガレージキット黎明期に、怪獣造形で名を馳せた
中村啓一さんと小田さんが、その頃を振り返って
「とにかく楽しかった!」と本当に楽しそうに
話をされていたのが印象的でした。
東急ハンズ一号店が出来る前後の時期で、
もちろんメールも無い時代。新発見の材料一つ、
電話や手紙でのやりとり一つに、思い出がぎゅっと
詰まっている、そんな話。
何もかもが手探りの黎明期だからこそ
味わえる特別に濃い経験なんでしょう。
それを20代に経験出来たっていうのは、
ちょっと、いやかなり羨ましいかも。


いつも飲み会をセッティングして、私のような若輩者まで
参加させて下さる皆さんに感謝です。
また、忘年会にも呼んで頂けるように精進します!

Comments

post
2007-09-10 02:58 
SB No.729 [Edit]
 小田さんのサイン、私も持ってます(笑。

 高校生の時に頂いたもので、レッドミラージュのイラストつき。

 今は無きコミックボンボンで発表される氏の作例に悶えたものです。

 とても温厚な佇まいの方ですよね。
2007-09-10 23:33 
ふらぎ No.730 [Edit]
■SBさん
ボンボンの頃の作品は、実はほとんど
記憶になくて、小田さんと言うと
1/35レッドミラージュが強烈ですね。

>とても温厚な佇まいの方ですよね。
全くです。あれだけの方なのに威圧感は無くて、
でも存在感は十分すぎるほどに。
カリスマ値100の君主タイプって感じでした。

Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。