:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 学会参加(国内) > 学会参加 > 2007年 日本進化学会 

2007年 日本進化学会 

2007.9.2.jpg

「ここにイリスが入ったのか、、」
、、、、、、構図、間違えた。

会場は京都大学。この日は学会2日目。
ポスターセッション、公開講演、
総会、懇親会というスケジュール。

ポスターセッション会場に入ると、
今回、私よりは進化について
知識が豊富という事で助っ人に呼んだ
ちぺくえさんが、すでに発表者の方とお話中。
学会初参加のはずなのに、やるなぁ。
邪魔したら悪いので、声をかけずに
場内を一通り回ってみる。
、、、、、、、、、、、、、、ううむ。
会場外の受付に疋田先生発見。
ご挨拶をして、その次に出たセリフが
「先生っ。面白そうな発表が結構あるんですが、
 内容は全く分かりませんっ!!」

そこへ、ちぺくえさんも合流。
正門の辺りで何やら撮影やってましたね、
という話に。疋田先生曰く
「正門に『帝都大学』ってプレートがあったよ(笑)」

ちぺくえさんと共に、再度ポスター見学。
「正直、俺もほとんど分からんから、あまり
 説明なんて出来ないよ」なんてちぺくえさんは
言ってましたが、あまり詳しく解説されても
分からないので、あのくらいのユルさで
ちょうど良かったですよ。

公開講演をちょっと聴いて、京大総合博物館へ。
そこからまた会場に戻ってくると、撮影中という
事で少しの間通行止め。
この暑い中、冬服のエキストラが沢山いて、
なるほどな~、って感じ。
片隅に片付けられちゃった学生運動立て看が、
ちょっとお茶目。

さて、このブログでは毎度お馴染み、
倉谷先生と合流。倉谷先生は
今回の学会で学会賞を受賞。
これから授賞式&記念講演だったのです。
あの倉谷先生がガチガチに緊張されているのを
見て、思わず笑わずにいれません(<なんと失礼な!)。
とはいえ、記念講演はいつものように、膨大な情報量の
内容を淀みなく、聞き手を退屈させないお話。流石!

当初は懇親会参加は考えていなかったのですが、
倉谷先生も出られるという事で、ちぺくえさんと
思い切って参加する事に。
といっても、知り合いは疋田先生と倉谷先生だけですし、
その御二人も忙しいはずなので、
ちぺくえさんと会場の雰囲気を見ながら
たっぷり飲み食いするかな、と思っていると、
倉谷・疋田両先生が他の研究者の方々を
紹介してくださり、予想外の展開に。
古生物学会でもそうですが、学会では
いつもいろんな方にお世話になってばかりだなぁ。

帰りは、京都駅まで倉谷先生夫妻とご一緒する事に。
折角だからと、京都駅でお茶をしていると、
そこで倉谷先生持参のPCで、前日の講演で
使ったデータを元にカメの肩甲骨についての
レクチャーが。私の拙い理解力ですら
十分面白いんですから、これ本当に興味のある人が
聴いたら鼻血もんだよ! 
一人で聴いてるのが勿体ない~!


そして、やっぱり最後は京都駅を見上げながら2人で、
「ここにイリスとガメラが入ったのかぁ、、」

Comments

post
2007-09-02 03:34 
飛車 No.708
あのエスカレーターを前田愛が駆け上がったのかぁ…

怪獣オタクにとったら京都旅行なんて駅に着いた時点でその八割方が終わってますよねー
2007-09-02 08:16 
ふらぎ No.710 [Edit]
■飛車さん
>あのエスカレーターを前田愛が駆け上がったのかぁ…
で、あそこのテラスに中山忍や藤谷文子が!!

>駅に着いた時点でその八割方が終わってますよねー
駅がクライマックスですからね~。
駅を離れるときは、すでにエンドロールって感じです。

「ジャバウォッキー」3巻届きました!
結局自分で買った分が1セットダブったので、
倉谷先生に差し上げちゃいましたよ。
2007-09-02 18:18 
飛車 No.711
>倉谷先生に差し上げちゃいましたよ。
うわああああああああああああああ
緊張してきた
ありがとうございます
2007-09-02 23:59 
ちぺくえ No.713 [Edit]
ふらぎさん、お疲れさまでした&お誘いいただいてありがとうございました。
結局、何の解説もしてなくて申し訳ないです。

倉谷先生も疋田先生も気さくな方で、初対面の上に門外漢の私にもいろいろ貴重なお話をして下さり、有意義に過ごすことができました。

倉谷先生の講演は私にとっては「もの凄い情報量が圧倒的な密度で迫ってくるのをギリギリなんとか理解できたつもり」という状態で、シューティングゲームで弾幕を紙一重でかわし続けてハイになってるゲーマーの気持ちが少し解りました。

前々からふらぎさんから伺ってはいましたが、研究者の方はその姿勢や成果もさることながら、お人柄がユニークで魅力的ですね。
2007-09-03 10:04 
ふらぎ No.715 [Edit]
■飛車さん
『ジャバ~』は、私は「どこまでネタ詰め込んどんねん!」と
唖然としながら読んでますが、
倉谷先生なら「まだまだ甘いね」なんて
感想が出そうで、一度読んで欲しかったんですよね。
ちょっと飛車さんには意地悪な楽しみ方ですけど。


■ちぺくえさん
>シューティングゲームで弾幕を紙一重で
>かわし続けてハイになってるゲーマーの気持ち
それ! まさしくそんな感じでしたよ!
また、そんな緊張感を聴く側にずっと持続させてしまう、
話術が凄いんですよねぇ。


>研究者の方はその姿勢や成果もさることながら、
>お人柄がユニークで魅力的ですね。
ホントにそうです。皆さんのお人柄の魅力から、
それぞれの研究分野にちょっと興味がわいて、
ほんの少しだけど本やネットで調べてみたり
して、そうやってまた知識が増える。
そういう勉強も楽しいです。

また、関西近辺でこういう機会があったら
ご一緒しましょう。
2007-09-03 22:37 
ふらぎ No.718 [Edit]
■スカルチュラさん
>ワンフェスでふらぎさんが見れたものが
>今頃羨ましくなって来ましたよ。
ねー、そうでしょー。
なのに、あの日の皆さんったら
「へぇ~、そうなの?」なんて、興味無い感じ装ちゃって。
素直じゃないよねぇ。
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。