:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 博物館・恐竜展 > 「メガ恐竜展」初日ギャラリートーク

「メガ恐竜展」初日ギャラリートーク

●7月18日
幕張メッセで開催の「メガ恐竜展」に行って来ました。
初日のギャラリートークが目的の1つ。

th_DSC01160.jpg
まずは、トゥリアサウルスの記載・命名者でもある
ルイス・アルカラ氏の講演。

th_DSC01164.jpg
次は、エウロパサウルスの研究者、アーミン・シミット氏の講演。
それぞれ通訳は大阪市立自然史博物館・林昭次氏。

シュミット氏とは先日大阪で夕食をご一緒し、アルカラ氏とは
去年のユタ・コロラドの中期中生代カンファレンス
参加の際に車の中で隣の席になり、いろいろとお話させて頂いた、
という縁があります。

th_DSC01174.jpg
アルカラ氏と。
直前に発売になった「きょうりゅう デラックス」をお土産に。

th_DSC01176.jpg
私とシミット氏、そして群馬県立自然史博物館・名誉館長、
長谷川善和先生(中央)と。

th_DSC01143.jpg
日本初公開のライスロナックス骨格レプリカ。

その他、恐竜以外にも哺乳類等でそれぞれの分類の中でも
大型の種の骨格が数多く展示されています。
何となく、恐竜もそれ以外の古生物も
個性的なデザインのものが一緒に紹介されていた
私が子供の頃の恐竜図鑑の雰囲気を思い出しました。
勿論、各解説は最新のものですし、ライスロナックス等の
発表されたばかりの恐竜も来ていますし、トゥリアサウルスや
エウロパサウルスは貴重な実物化石が展示されていて、
恐竜展としても十分に濃い内容のイベントでした。

Comments

post
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。